via vimeo

昨年はワールドツアーサーファーではなかったものの、怪我によりツアーを欠場したサーファーに代わってリプレイスメント出場することでトップ22入りを果たし、今季のツアー入りを決めたシーバスこと、セバスチャン・ジーツ「Sebastian Zietz」(29歳)。

そんなシーバスによるツアー初戦に滞在していたゴールドコースト(オーストラリア)でのフリーサーフィン映像が公開されました。

今回の動画は、セバスチャン・ジーツをフィーチャーしたシリーズ動画「Happily Stoked」のエピソード1をお届けします。


スポンサーリンク


世界を転戦するワールドツアーサーファーのツアー会場での様子をフィーチャーした動画はいくつかあり、有名なもので言えば昨シーズンのジョンジョン・フローレンスをフィーチャーした「Twelve」。

ただ、ジョンジョン作品と異なり、今回のシーバスの動画はコンテストではなく、フリーサーフィンをフィーチャーしています。

動画を見ていると、クイックシルバープロ開催前に撮影された映像がほとんどです。開催前は波が良かったですからね。

場所は、イベント会場のスナッパーロックスに始まり、ストラドブロークやカランビンなどゴールドコースト全域を網羅しています。

最大の見所は、動画後半に収録されているカランビン。完全にスラブ(slab:底ボレするバレル)と化したコンディションはヘビーの一言。

各サーフスポットでは、世界トップサーファーも数多く登場するので見応え十分な動画となっています。

*セバスチャン・ジーツの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事