Photo: WSL

現在、波のコンディションが良くないことからレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)続きとなっているCT第2戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)」。

イベントの進行状況は、メンズはクオーターファイナリスト、ウイメンズはセミファイナリストが決まっているので、次なる開催日はイベント最終日となります。

今回の記事は、ウェイティングピリオドが残り3日となった2017年度マーギーズプロの最新波予報をお届けします。


スポンサーリンク


マーギーズプロの5日目レポートでは、明日4月7日(金曜)から風向きが良くなるとお伝えしましたが、少し予報が変わっています。

7日と8日はオンショアではなくなりますが、南寄りのサイドショアという見込み。ウェイティングピリオド最終日の9日は、午前中が東寄りのオフショアとなり、サイズは3日間で最も大きい予報。

9日の波のサイズはフェイスで10~12フィートの予報なので、波の裏から測るハワイアンスケールでは5~6フィートほどのダブルオーバーヘッド程度になるでしょう。

また、9日午前のコンディション予想は「Very Good」。かなり見応えのある最終日になるかと思います。

マーギーズプロは先日お伝えしましたが、もしかしたら今年がワールドツアーイベントとして最後の開催になる可能性もあります。

ちょうど週末開催とタイミングも良いので、公式サイトからライブ観戦してみてはいかがでしょうか。ライブ観戦する場合、日本との時差はわずか1時間なので、現地時間の午前7時スタートならば、日本時間では午前8時となります。

*イベント詳細については公式サイトからチェック

公式サイト/メンズ「Drug Aware Margaret River Pro

公式サイト/ウイメンズ「Drug Aware Margaret River Pro

*2017年マーギーズプロ関連の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事