• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

Photo: The Ultimate Waterman

ニュージーランドを舞台に究極のウォーターマンを決めるイベント「ザ・アルティメイト・ウォーターマン(The Ultimate Waterman)」。

3度目の開催となった今年は、ニュージーランド南島のみを対象として開催され、昨年2016年よりも1種目多い8種目の合計ポイントで8名の選ばれしウォーターマンが競い合いました。

今回の記事は、ザ・アルティメイト・ウォーターマンのイベント内容および各種目のダイジェスト動画などをお届けします。


スポンサーリンク



究極のウォーターマンを決めるとあり、様々な種目が設定されている同イベント。今年開催となった種目は以下の8種目です。

・アウトリガーカヌー
・プローンパドルボード
・SUP(スタンドアップパドルボード)サーフィン
・ショートボード
・ロングボード
・チューブライディング
・水中ストレングス/ラン/スイム
・SUP耐久レース

種目を見て頂けると分かる通り、「ショートボーダー」や「ロングボーダー」などといったカテゴリーは関係なく、あらゆる種目をこなす必要があります。

ただし、これだけの種目数になると誰もが得意不得意はあるので、自分が得意とする種目でいかに高い順位となってポイントを稼ぐのかが、総合優勝のキーとなります。

今年招待された選手は以下の通り。

この中で優勝を果たしたのはハワイアンのゼーン・シュヴァイツァー。昨年に引き続き、2年連続の快挙となりました。

最終総合ポイント
1. Zane Schweitzer (HAW) 7250
2. Jackson Maynard (AUS) 6910
3. Caio Vaz (BRA) 6755
4. Connor Baxter (HAW) 6623
5. Manoa Drollet (PFY) 6516
6. Daniel Kereopa (NZL) 6408
7. Chuck Glynn (USA) 5528
8. Coco Nogales (MEX) 4860

*プローンパドルボード

*ロングボード

*チューブライディング

*ショートボード

*SUPサーフィン

*SUP耐久レース

*アウトリガーカヌー

*水中ストレングス/ラン/スイム

----------

公式サイト:「The Ultimate Waterman

*The Ultimate Watermanの過去記事

ニュージーランド全域が舞台の複合イベント「The Ultimate Waterman」@2016
2016-03-22 16:23
昨年からスタートした究極のウォーターマンを決定するイベント「ザ・アルティメイト・ウォーターマン(The Ultimate Waterman)」。あらゆるウォータースポーツを網羅する...
イベントの関連記事
  • グロムサーチイベントから見る現在のバリ島チャングーのコンディション
  • パイプラインでの開催も決定した往年のサーフスターによるヘリテージ・シリーズ@2014
  • ベサニー・ハミルトン&アラナ・ブランチャードの2016年ケイキ・クラシック@カウアイ島
  • 2016/2017シーズン「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」イベント情報
  • カムチャッカ(ロシア)で開催された2014年度ニクソン・サーフ・チャレンジ
  • 今年で21周年を迎えた2018年シングルフィンフェス@バーレーヘッズ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事