• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

ワールドツアーイベントの会場となっているオーストラリアVIC(ビクトリア)州ベルズビーチ。

ベルズビーチで開催されるリップカールプロは、今年で56周年という非常に長い歴史を持つイベントであり、会場のベルズビーチはオープンフェイスのロングウォールが特徴なライトのクラシックポイントブレイク。

今回の動画は、ベルズビーチがどのようなサーフスポットであるのか紹介してくれる映像をお届けします。ドローン映像が肝となり、とても分かりやすいスポットチェックとなっています。


スポンサーリンク



リップカールプロのメイン会場であるベルズビーチ。ライブを見ていると、「リンコン」や「ベルズボウル」という言葉が出てきますが、この名前はベルズビーチ内におけるセクションの名称です。

海をビーチから見て、ベルズビーチの右奥のピークが「リンコン(Rincon)」。ベルズビーチの中央辺りのピークが「ベルズボウル(Bells Bowl)」となります。

基本的にリンコンはビッグスウェルが入らないとブレイクしないため、ベルズボウルでのコンテスト開催が多いです。しかし、ビッグスウェルが入ると、リンコンからベルズボウルへとセクションが繋がることもあります。

波質は前述した通りオープンフェイスのロングウォールなので、カーヴィングといったターン主体のブレイクとなります。

ベルズビーチの隣に位置するサーフスポットは、リップカールプロのバックアップ会場となっている「ウィンキポップ(Winkipop)」。

ウィンキポップの波質はベルズビーチとは大幅に異なり、アクションを入れやすいハイパフォーマンス系のサーフスポット。

リップカールプロのバックアップ会場なのでイベントが開催されることもあり、過去にはバレルとエアリアル向けのセクションのある波でエキサイティングなヒートが行われたこともあります。

ちなみに、ベルズビーチはサーフィン関連のハリウッド映画で名作と言われる「ハートブルー(原題:Point Break)」のラストシーンの舞台となった場所でもあります。

----------

  • ドロップインだけでも勘弁してほしいのに・・・
  • Who is JOB 4.0:エピソード6
  • ツアーノートbyハーレー:USオープン
  • ワイメア川のようなリバーサーフィンがポルトガルでも発生
  • サーフィン界に欠かせない存在となったジョンジョン・フローレンスの幼い頃とは!?
  • デーン・レイノルズとクイックシルバーが結んでいた契約内容(主に金額)が明らかに

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事