via vimeo

常に進化を続ける撮影の世界。サーフィン撮影も同様で、安価で使いやすいプロレベルの道具が普及してますよね。

サーフィン中に自撮り可能なアクションカメラのGoProに始まり、DJI社のドローンなど。この二つを駆使したウォーターショットと空撮は、サーフィン動画ではすっかりとスタンダードになっています。

今回の動画は、最近になって徐々に増えてきているVR(ヴァーチャルリアリティ)映像をお届けします。


スポンサーリンク


360度動画とも呼ばれるVR動画。つまり、全方位を同時に撮影可能となり、動画サイトなどで動画を見ている時に、視聴者が見たい視点に自ら変えることが可能です。

以前、CJホブグッドによる360度動画をお届けしましたが、まさにこれがVR動画です。

今回の撮影地もCJの時と同様でタヒチ。出演しているサーファーは、アンソニー・ウォルシュとマタヒ・ドローレの二人。

撮影に使用した機材はGoProのOmni(オムニ)で、6台のGoPro HERO4 Blackを設置して全方位を撮影しています。

GoPro Omni Photo: GoPro

全方位を撮影可能なVR映像が今後、サーフィン動画において新たなスタンダードになるのか注目ですね。

*アンソニー・ウォルシュとマタヒ・ドローレの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事