ケリー・スレーター Photo: WSL

ウイメンズが5月28日~6月2日、メンズが6月4~16日にウェイティングピリオドが設定されているフィジーで開催されるワールドツアーイベント。

ここ数年の同イベントはタイトルスポンサー(冠スポンサー)が不在だったのですが、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターによるアパレルブランド「Outerknown(アウターノウン)」が今年からタイトルスポンサーになると発表されました。

今回の記事は、アウターノウンがフィジーイベントのタイトルスポンサーとなった理由などに関する考察を交えた内容をお届けします。


スポンサーリンク


フィジーイベントとは、メイン会場がクラウドブレイク、バックアップ会場がレストランに設定されたイベントで、ワールドツアーサーファーの中には世界一のサーフスポットとしてクラウドブレイクを挙げるサーファーもいます。

そんなワールドツアーイベントの目玉と言えるイベントの一つであるフィジーイベントは、2013年まではボルコムがタイトルスポンサーを務めていて、2014年からタイトルスポンサーが不在となっていました。

そのタイミングにして、アウターノウンが3年間のタイトルスポンサー契約を結んだと発表されたのです。では、アウターノウンが契約に至った理由とは!?

まずは、ケリーがクラウドブレイクを大好きというのも一つの理由でしょう。「随分と昔にタバルア島(アウターリーフのクラウドブレイクから最も近い島)を心底気に入って、毎年複数回訪れてるんだ」とコメントしていますので。

もう一つの大きな理由としては、個人的な推測となりますが、フィジーイベント消滅の恐れがあったのかと思います。その理由は、今年発表されたワールドツアーのタイトルスポンサーであったサムスンとの契約解除に直結します。

サムスン撤退により想定される懸念として、真っ先に話題となったのはツアーイベントの削減。対象となる可能性が高いイベントは、タイトルスポンサー不在のイベントでしょう。

昨年の2016年11月に発表された2017年度ワールドツアーイベントスケジュールは以下の通り。

メンズのイベントで言えば、ブラジルイベントとフィジーイベントがタイトルスポンサーの名前がありませんでした。しかし、ブラジルイベントは再び「Oi」がタイトルスポンサーとなり、不在となっていたのはフィジーイベントのみ。

そこでリストラ第一候補となるのがフィジーイベントなので、ケリーが大好きなクラウドブレイクのために一肌脱いだのかなとも考えられます。

何はともあれ、タイトルスポンサーとなっているブランドオーナーのケリーが出場となるフィジーイベント。ワールドツアーイベントでタイトルスポンサーブランドのオーナー自らが出場するのは初ではないでしょうか(笑)!?

*ケリー・スレーターのパーフェクト10@2016年フィジー・プロ

----------

参照記事:「Outerknown Joins World Surf League as Title Sponsor of Fiji Pro

*クラウドブレイクに関する過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事