ワールドツアーイベント出場のため、世界各地を飛び回る生活を送っている3×ワールドチャンピオンのカリッサ・ムーア「Carissa Moore」(24歳)。

一般サーファーから見れば羨ましい限りですが、ワールドツアーサーファーとしてのキャリアを重ねれば、非日常も日常となり、刺激が少なくなるもの。

今回の動画は、カリッサ・ムーアが今年のオフシーズンに訪れたイスラエルとモロッコでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今年でツアー歴8年目に突入したカリッサ。そんなカリッサが刺激を得るためにしていることは、オフシーズンに一般的なサーフデスティネーションとは異なるエリアへの旅。

カリッサが今年訪れたのがイスラエルとモロッコ。モロッコに関しては、デーン・レイノルズのサーフムービーを見て以来、何年も行ってみたいと考えていたそうです。

ただ、情勢不安からなかなかトリップの機会を得ることができず。ようやくローカルとのコネクションができ、安全なトリップが可能になるとの判断でゴー。

イスラエルについては、ハワイで開催されたフィルムフェスティバルで、ガザ地区(パレスチナ)をフィーチャーしたムービーを見たのが旅のきっかけ。ガザでは、一定の年齢を超えた女性がサーフィンすることはほとんどないと知り、何らかの変化を与えることができないかと思ったそうです。

なのですが、調べてみるとガザ地区は安全ではないとの判断から、イスラエルへのトリップになったとのこと。

そんなカリッサによる今回のトリップ動画。フリーサーフィンがメインとなっていて、普段のコンテストサーフィンとは異なり、エアリアルやスピンなどハイパフォーマンスの連続です。

----------

参照記事:「Carissa Moore, Free and Flaring on Distant Shores

*カリッサ・ムーアの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事