グッドコンディションになった5月頭のローワーズ!ジョーディやタナーのフリーサーフ動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

タナー・グダスカス via youtube

どんなマニューバも可能な波質であることから、スケートパークのようなサーフスポットとも呼ばれる南カリフォルニアのローワーズ(ローワー・トレッスルズ)。

ワールドツアーイベントの会場でもあるので、サーファーであればローワーズを知っている方が大半でしょう。

今回の動画は、ローワーズにとって最適なコンディションへとサイズアップした5月2日のフリーセッションの映像をお届けします。


スポンサーリンク



トレッスルズと言えば、つい先日ローワーズから近いチャーチでシャークアタックが発生しています。

トレッスルズ(カリフォルニア)とレユニオン島で同日にシャークアタック発生
カリフォルニアとレユニオン島で4月29日(土曜)、偶然にして同日にシャークアタックが発生しました。 カリフォルニアの被...

シャークアタック後は周辺ビーチは閉鎖されていたので、ビーチの閉鎖解除から程なくして、絶妙なタイミングでスウェルが入ったのかと思います。

出演しているサーファーは、ジョーディ・スミス、タナー・グダスカス、カム・リチャーズなどといったローカル。ジョーディは南アフリカ出身ですが、現在の拠点は南カリフォルニアです。

動画を見るとグッドウェイブであることは間違いないのですが、混雑している上、ここまでハイレベルなセッションが繰り広げられていたら、ちょっと入れないですね…。