男女共にラウンド1が終了した2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ」初日

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ヤゴ・ドラ Photo: WSL

現地時間5月9日(ブラジル)、リオデジャネイロのサクアレマを舞台にしたCT第4戦のメンズ「オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)」とウイメンズ「オイ・リオ・ウイメンズ・プロ(Oi Rio Women’s Pro)」が開催。

ウェイティングピリオド初日の本日はサイズがあったため、メンズとウイメンズのラウンド1が行われました。

今回の記事は、オイ・リオ・プロ初日となった本日のイベントレポートや動画などをお届けします。


スポンサーリンク



メンズのイベントレポート

メンズからスタートとなった本日。オーバーヘッドほどのパワフルなビーチブレイクに迎えられての開催となったものの、サーファーからは「タフ」、「チャレンジング」、「トリッキー」とのコメントが目立ちました。

ワールドツアーイベント会場で多いリーフブレイクやポイントブレイクではなく、サクアレマはビーチブレイクのために波のピークが一定ではないので、グッドウェイブを掴むのが難しいためです。また、バックウォッシュも手強そうでした。

そのようなコンディションであったため、エクセレントレンジ(8ポイント以上)となるスコアを二本揃えたサーファーは一人もいませんでした。

本日のトータルハイエストスコアとなる16.34、シングルハイエストスコアの9.77をマークしたのは、ラウンド1の最終ヒートに出場したジュリアン・ウィルソン。

*ジュリアン・ウィルソンの9.77

個人的に最も注目していたのは、トライアル優勝者のヤゴ・ドラとジョンジョン・フローレンスのヒート。結果を見れば、ジョンジョンが0.03ポイント差でヤゴを破りました。

ただし、ヤゴはバックサイドでエアリバースのフルローテーションをメイクして9.27をマーク。9.27は同ヒートにおけるシングルハイエストスコアであり、ヤゴのポテンシャルを十分に感じられるヒートだったと思います。

*ヤゴ・ドラの9.27

本日の番狂わせとしては、ガブリエル・メディナ、オーウェン・ライト、コロヘ・アンディーノ、マット・ウィルキンソンといった上位陣が敗退し、敗者復活戦のラウンド2進出となっています。

ウイメンズのイベントレポート

メンズのラウンド1終了後、スタートとなったウイメンズのラウンド1。ほとんど波に乗れないヒートもあったりしたため、カリッサ・ムーアとタイラー・ライトが敗退するという番狂わせも発生。

現ランキングトップのステファニー・ギルモアも一本しか波に乗れなかったのですが、対戦相手の二人も一本ずつしか乗ることができず、無事にラウンドアップという凄まじい展開となりました。

本日のウイメンズのハイスコアは以下となります。

*コートニー・コンローグの8.67

*ココ・ホーの8.50

ハイライト動画

下記画像クリックで動画元へ飛びます。

今後の波予報

10日は本日よりも少しサイズダウンするものの、午前中はコンディションが良さそうな見込み。その後は、12日から再びミディアムサイズのスウェルが入ってくると予想されています。

さらに長期予報を見ると、16~17日もコンディションが良くなる予報。ということで、10日はウイメンズのみ開催で、メンズは12日から再開になるかと予想します。

まとめ

日本とリオデジャネイロ(ブラジル)の時差は、日本の方が12時間進んでいます。現地時間の午前7時にイベント開催ならば、日本時間では午後7時となります。

ライブ観戦やイベント情報の詳細は、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Oi Rio Pro

公式サイト「Oi Rio Women’s Pro

2017年オイ・リオ・プロ関連の過去記事

ケリー・スレーターが数時間後に開催となるブラジルイベントの欠場を発表
いよいよスタートまで数時間のカウントダウンに入っているブラジルのサクアレマを舞台にした2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ...
2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ」イベント情報!出場サーファーや波予報など
いよいよ開催間近となったリオデジャネイロ(ブラジル)を舞台にしたCT第4戦のメンズ「オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)...