• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

オーウェン・ライト Photo: WSL

現地時間5月13日(ブラジル)、リオデジャネイロのサクアレマを舞台にしたCT第4戦のメンズ「オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)」とウイメンズ「オイ・リオ・ウイメンズ・プロ(Oi Rio Women’s Pro)」が開催。

本日、メンズはラウンド3のヒート6~12、ウイメンズはラウンド3~クオーターファイナルまでが行われ、ウイメンズメインの一日となりました。

今回の記事は、オイ・リオ・プロ四日目となった本日のイベントレポート、動画、今後の波予報などをお届けします。


スポンサーリンク



メンズのイベントレポート

メンズからスタートした本日。注目はオープニングヒートのジョンジョン・フローレンスvsヤゴ・ドラで、ヤゴがジョンジョンを抑えて勝利を手にしました。

ジョンジョンがらしくなかったとも言えますが、ヤゴは自身にできるベストコンボであるターン&エアリアルに狙いを定め、数度のワイプアウトの末にメイク。見ていて熱くさせられました。

ジョンジョンが早期敗退ということで、ランキングトップのみ着用可能なイエロージャージを手にするチャンスが訪れたのは、CTランキング同率2位に位置するジョーディ・スミスとオーウェン・ライト。

本日のラウンド3では、ジョーディとオーウェン共に見事にラウンドアップ。二人がランキングトップに躍り出るには、今イベントでセミファイナル進出が求められます。

ちなみに、本日のトータルハイエストスコアの17.00とシングルハイエストスコアの8.70をマークしたのはオーウェン。今季ツアー復帰ながらも、とても調子が良さそうです。

ジョンジョンの敗退以外で番狂わせとなったのは、本日のようなコンディションを最も得意とするフィリペ・トレドの敗退。対戦相手は五十嵐カノアでした。

ヒート序盤のノンプライオリティの状況で、二人は同じ波に向かってパドル。フィリペはライト、カノアはレフトを狙ってのパドルバトルとなり、カノアの方が一瞬早くボードに立ち上がったため、フィリペにインターフェアのコールが下されました。

インターフェアのペナルティは、2ndベストスコアのカウントが半減。インターフェアによるメンタルへの影響が大きかったのか、その後のフィリペはラウンド1での勢いを全く見せることなくカノアの勝利となりました。

今シーズンのオーストラリアンレグは不調に終わったカノアなので、今イベントで好成績を残してもらいたいです。

ウイメンズのイベントレポート

本日は少しサイズダウンとなり、ウイメンズ向けのコンディションであったのでラウンド3からクオーターファイナルまで一気に開催。

3ラウンド開催とあり、番狂わせも発生。ラウンド4ではコートニー・コンローグ、クオーターファイナルでは現ランキングトップのステファニー・ギルモアが敗退。

ステフの背中を追う、ランキング2位のサリー・フィッツギボンズと3位のタイラー・ライトはセミファイナル進出を果たしています。サリーは優勝すればランキングトップで準優勝なら同率ランキングトップ、タイラーは優勝すれば同率ランキングトップとなります。

ウイメンズの本日のハイスコアライディングは以下の通り。

*ステファニー・ギルモアの9.23@ラウンド3

*セイジ・エリクソンの9.33@ラウンド3

*レイキー・ピーターソンの9.27@ラウンド3

*ジョアン・デフェイの8.50@クオーターファイナル

*タイラー・ライトの9.87@クオーターファイナル

ハイライト動画

今後の波予報

14日(日曜)も13日(土曜)と似たようなコンディションとなる予報なので、おそらくウイメンズのイベント最終日になると思います。

14日にウイメンズがオンになれば、メンズも少しは進行させる可能性はあります。最近の運営サイドの流れは、早くイベントを終わらせたい感じが伝わってくるので(笑)。

ただ、メンズの狙いはおそらく16日(火曜)に入ってくるソリッドスウェルでしょう。16日はコンディションがまとまらない予報なので、開催は最大セットでダブルオーバーヘッドくらい残る17日(水曜)ではないでしょうか。

まとめ

日本とリオデジャネイロ(ブラジル)の時差は、日本の方が12時間進んでいます。現地時間の午前7時にイベント開催ならば、日本時間では午後7時となります。

ライブ観戦やイベント情報の詳細は、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Oi Rio Pro

公式サイト「Oi Rio Women's Pro

2017年オイ・リオ・プロ関連の過去記事

カリッサが7年振りの1コケに終わった2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ」三日目
2017-05-13 10:04
現地時間5月12日(ブラジル)、リオデジャネイロのサクアレマを舞台にしたCT第4戦のメンズ「オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)」とウイメンズ「オイ・リオ・ウイメンズ・プロ(O...

ヤゴがコロヘを破る番狂わせ!2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ」二日目
2017-05-11 08:44
現地時間5月10日(ブラジル)、リオデジャネイロのサクアレマを舞台にしたCT第4戦のメンズ「オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)」が開催。 本日は予想以上にサイズダウンが進んで...

男女共にラウンド1が終了した2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ」初日
2017-05-10 10:24
現地時間5月9日(ブラジル)、リオデジャネイロのサクアレマを舞台にしたCT第4戦のメンズ「オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)」とウイメンズ「オイ・リオ・ウイメンズ・プロ(Oi...

ケリー・スレーターが数時間後に開催となるブラジルイベントの欠場を発表
2017-05-09 17:44
いよいよスタートまで数時間のカウントダウンに入っているブラジルのサクアレマを舞台にした2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)」。 イベント情報の記事にて、ケ...

2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ」イベント情報!出場サーファーや波予報など
2017-05-08 17:31
いよいよ開催間近となったリオデジャネイロ(ブラジル)を舞台にしたCT第4戦のメンズ「オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)」とウイメンズ「オイ・リオ・ウイメンズ・プロ(Oi Ri...
コンテストの関連記事
  • ケリー劇場となった2016年WCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」:最終日
  • 2017年ボルコムプロ@パイプの最新波予報とJOBの昨年度ハイライト動画
  • 今年のQSシーズンもいよいよ大詰め!ポルトガル終了後の最新ランキングをチェック
  • 17/18シーズンBWTイベント@プエルト・エスコンディードにグリーンアラート点灯
  • 2014年度ASPワールドツアー第三戦リップカール・プロ・ベルズ・ビーチ:四日目ハイライト
  • 2013年度ワールドツアー ハイライト1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事