兄弟揃ってワールドツアー入りを目指し、ツアー入りの可能性も非常に高い存在であるハワイ出身のジョシュア・モニーツ「Joshua Moniz」(20歳)とセス・モニーツ「Seth Moniz」(19歳)。

ワールドツアー入りするアメリカンサーファーにとって登竜門とも言えるアマチュア最大ベントのNSSAにて、ジョシュアは2014年、セスは2015年に優勝しているので。

今回の動画は、ジョシュアとセスのモニーツ兄弟が訪れた西オーストラリアでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


オーストラリアでワールドツアー初戦前に開催された2つのQS6,000イベント後、東海岸から西海岸へとサーフトリップしたモニーツ兄弟。

現在のツアーにおいては、オーウェン・ライトとタイラー・ライトの兄妹サーファーがいますが、男兄弟としてはCJとダミアンのホブグッド兄弟以来の兄弟揃ってのツアー入りを目指しています。

世界を舞台に戦う二人だけに、その原動力は負けず嫌いな点。ダイビング、ゴルフ、フィッシングなど、趣味を一緒にしていると「僕の方がうまいよ」などと軽口を叩き合う二人ですが、サーフィンについては別。

「僕らにとってサーフィンはシリアスだからね。僕がヒートで勝ってジョシュ(ジョシュア)が負ければ、浮かれた気分にはなれないんだ。多分ジョシュも同じだと思うよ」。

二人にとって共通する憧れのサーファーはタジ・バロウ。ワールドツアーで活躍しながらも、サーフムービーで見せるフリーサーフィンも世界トップレベルなのが理由とのこと。

ハワイアンサーファーは、フリーサーフィンのスキルはずば抜けていても、コンテストでは結果を残せないサーファーは少なくありません。

果たして、ジョシュアとセスのモニーツ兄弟がコンテストとフリーサーフィンの枠を超えた活躍を見せるのか注目ですね。

*モニーツ兄弟の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事