年に数回しか目覚めないオーストラリアのスラブ!スコット・デニスのチャージ動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

スラブ(slab:底ボレするバレル)の宝庫と言われるオーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州サウスコースト。

こういったエリアに必ずいるのが、アンダーグランドながらもスラブを追求し続けるチャージャーの存在。そんなサーファーの一人が、スコット・デニス「Scott Dennis」(32歳)。

今回の動画は、スコット・デニスが年に数回しか覚醒しないスラブをスコアした際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



最近では、サウスコーストのサーファーとして成功を収めた人物が登場しました。その人物こそ、昨年2016年のレッドブルイベント@ケープフィアで優勝を果たしたラッセル・ビールキ

そのラッセルと一緒にスラブセッションをする動画でお馴染みなのが、今回の主役であるスコット・デニス。

今回のセッションの舞台については明らかにされていませんが、年に数回しか覚醒しないため、常にスウェルチャートを確認しないと当てることは困難なサーフスポットとのこと。

しかも、スポットまでのアクセスには24時間ドライブが求められるとか…。そのため、狙うサーファーの絶対数自体が少ないので、仲間内だけで当てた時はグッドフィーリングと言います。

今回のトリップには、サウスコーストのフォトグラファーとして一躍時の人となった経験を持つリロイ・ベレ「Leroy Bellet」(18歳)も登場。

有名サーフ雑誌×2でカバーショット!16歳フォトグの2in1バレル撮影舞台裏
ここ最近流行している「2in1」バレルでの撮影スタイル。二人のサーファーが同時にバレル(チューブ)に入り、奥のポジションにいる後方のサーファ...

記事冒頭のイメージは、両手を広げるスコットをリロイが後方から撮影したものです。撮影対象となるサーファーのさらに奥のポジションから撮影するスタイルはヤバすぎですね。

スラブに潰される可能性が極めて高いライン取りである上、スラブがブレイクするということは相当浅いということですから…。

———-

参照記事:「WOULD YOU DRIVE 24 HOURS FOR BARRELS?

*スコット・デニスの過去記事

スラブの宝庫であるサウスコーストでのフリーサーフ:スコット・デニス
オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州サウスコースト出身のスコット・デニス。ビッグウェイブサーフィンのビッグイベントであるビラボン...
6月前半に豪サウスコーストも炸裂!クレイグ・アンダーソンも登場したスラブセッション
オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州の中でも、スラブ(slab:底ボレするバレル)といったヘビーウェイブで知られるサウス...
砂漠地帯のリーフでブレイクする分厚いリップのスラブ
先日お届けしたタジ・バロウとマーク・マシューズによる写真撮影プロジェクト。WA(西オーストラリア)州のザ・ライトで撮影されたのが、今月の8月...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)