• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

via vimeo

いくら波が良くても、混雑したサーフスポットのピリピリした雰囲気のラインナップでサーフしていたら、楽しさも軽減してしまいます。

そこで、クリエイティブになって違う楽しみ方を見つけようと誕生したのが、ホットカール(Hot Curl)のフィンレスボード。

今回の動画は、ホットカールのフィンレスボードで誰も海に入らないラインナップを楽しむフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



南アフリカの喜望峰周辺の一部サーフスポットは、潮が引くとケルプ(藻)だらけになり、フィンにケルプが引っ掛かってまともにサーフすることが困難になるとか。

そこで誕生したのがホットカールのフィンレスボード。フィンレスであれば、ケルプが引っ掛かる心配はないので、波に乗り放題になれますからね。

同フィンレスボードは、フィンが存在しなかった時代のポリネシアンやハワイアンボードをベースとし、クラシカルなノーズライドも手軽にメイク可能とのこと。

フィンレスと言えば短いボードのイメージが強いかと思いますが、短ければ安定感を欠いてルースになりやすく難しそうなので、今回のボードは個人的にとても興味をそそられました。

ケルプまみれの海でサーフするのはちょっと・・・ですが、厚めなスモールウェイブでの疾走感を動画で見ると、とても楽しそうに感じる方も多いのではないでしょうか。

サーフボードの関連記事
  • コロヘ・アンディーノ ポケットロケット
    コロヘ・アンディーノの頼れる武器となったロスト新作モデル「Pocket Rocket」
  • フォームを使わないエコフレンドリーな半透明サーフボード「LUCID SURF」
  • スレーターデザインズからリリースとなる新作サーフボードモデル「ガンマ(Gamma)」
  • ジュリアン・ウィルソン
    2016年Jベイでジュリアン・ウィルソンが使用していたJSサーフボードのサイズ
  • タジ、チッパ、クレイグがテストライドして選んだ夏の小波向けベストボード@オーストラリア
  • オーストラリア発ハイパフォーマンス向けソフトトップ(スポンジボード)「Mullet Boards」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事