ジグゾーパズルみたいに組み合わせて誕生するウエットスーツの製造工程動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

仕事などで日常的に行っていることは、本人にとっては当たり前なものとなってしまいますが、部外者などが見ると興味をそそられたりすることってありますよね。

そのようなものの一つと言えるのが、ウエットスーツの製造工程。意外と知らない方も多いと思いますが、とても興味深いのです。

今回の動画は、サーフィンに不可欠なウエットスーツの製造工程を示した映像をお届けします。


スポンサーリンク



サーファーにとって2大アイテムとも言えるのが、サーフボードとウエットスーツ。サーフボードに関しては、シェイプ映像などを見ることも珍しくないので、誰もがボードシェイプの過程は想像つくのではないでしょうか。

しかし、ウエットスーツの製造工程を目にすることはまずありません。アーティスティックなボードシェイプと比べると、ウエットスーツの製造は流れ作業であるためでしょう。

ですが、見たことのない方であれば結構興味深い工程となっています。ウエットスーツの素材は一般的にはネオプレン。15~30枚ほどのネオプレンのパネルを繋ぎ合わせていきます。

それだけのパネルがあるので、一見するとジグゾーパズルのような感じにも見えてしまいますね。

動画を見るだけで流れは把握できると思うので、ウエットスーツ製造の世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)