今シーズンからツアールーキーとしてコンテストサーフィン最高峰の舞台に参戦しているジークこと、イズキール・ラウ「Ezekiel Lau」(23歳)。

昨シーズンは同じチームライダーである五十嵐カノアによるCT最終戦のパイプマスターズでの大活躍に助けられ、ワールドツアー入りを決めましたね。

今回の動画は、イズキール・ラウがチャネルアイランズのサーフボードモデル「Rook 15(ルーク15)」でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ツアールーキーとしてのジークは、ベルズビーチイベントで3位となり、現在のツアーランクは16位と好調な滑り出しとなっています。

そんなジークのパフォーマンスを支えているのはチャネルアイランズのサーフボード。シェイパーは、レジェンドシェイパーとして知られるアル・メリックの息子であるブリット・メリック。

ツアーイベントにおけるジークのメインボードは、今回の動画で乗っているルーク15で、スナッパーロックスとサイズが小さかった時のベルズビーチで使用していたとのこと。

動画でブリットが話している内容で興味深かったのは、ジークとデーン・レイノルズのボードのボリュームは全く同じでありながら、ボードのタイプは完全に異なるという点。

ジークが乗るボードは、ノーズエリアとテールエリアを含め、デーンのボードよりもロッカーがかなり強めとのこと。なのですが、パワーサーフィンにトリックと、ジークとデーンのサーフスタイルは似ているのです。

さて、そんなジークのフリーサーフィン動画。コンテストサーフィンと違い、圧巻なマニューバの連続となっています。

----------

*イズキール・ラウの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事