• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

via Jack Baker's Instagram

通常のバレルと異なり、波のボトムが底ボレして隆起することでとてつもなくホレた波を意味するスラブ。

ただでさえ危険なブレイクであることは間違いない上に、もしもスラブにバックウォッシュ(引き波)が加わってしまったら!?

今回の記事は、オーストラリアのスラブでボディボーダーのジャック・ベイカーがバックウォッシュを受けた際の映像、その後の状況についてお届けします。


スポンサーリンク



まずは動画からチェックして下さい。

ジャックによる当時の状況は以下の通り。

バックウォッシュが迫ってきたことは分かってたけど、どうすることもできなかったんだ。ヤバい状況なのは気付いてたけど、まさか救急処置室送りになるとはね。

ジャックのコメントからは怪我の程度については明かされていませんが、動画を撮影した「southwave」のSNSによると、ジャックは肺破裂と内出血を負ったとの模様。

動画を見ると、ジャックの体は空中へと思いっきり吹っ飛ばされているので、海面への衝撃は想像を絶するものだったのでしょう。

このようなワイプアウトシーンは笑い話で済むケースが多いと思いますが、大怪我に至るリスクもあることを忘れてはいけないと考えさせられます。

ワイプアウトの関連記事
  • 過去最大級クラスにまでサイズアップしたナザレでのサバイバルセッション
  • 浮きドックを使った「ノーパドル」サーフィン企画の裏側:ワイプアウト特集
  • スラブ×バックウォッシュの恐怖!空中に放り出されたボディボーダーの容体は!?
  • マウイ島ジョーズでのワイプアウト特集@2015/1/21セッション
  • ザ・ウェッジの強烈ショアブレイクで発生した2017年のワイプアウト特集動画
  • サーフムービー「Cluster」未使用の異次元アクションからの惜しいワイプアウトシーン特集

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事