マット・ウィルキンソン Photo: WSL

現地時間6月14日(フィジー)、クラウドブレイクを舞台にしたメンズのCT第5戦「アウターノウン・フィジー・プロ(Outerknown Fiji Pro)」が開催。

イベント四日目となった本日、予想外の開催となったものの、ラウンド4の4ヒートが行われました。

今回の記事は、アウターノウン・フィジー・プロ四日目となった本日のイベントレポート、今後の波予報、動画などをお届けします。


スポンサーリンク


イベントレポート

昨日の三日目ハイライトにてお伝えした通り、15日(木曜)をイベント最終日の予定と発表されていましたが、なんと本日ラウンド4のみを開催。

昨日の時点では15ヒート残っていて、一日で終わらせるには35分ヒートならば9時間ほど必要でした。つまり、15日にコンディションが悪い時間帯があっても一時中断する余裕もなかったのです。

また、最終日がラウンド4スタートの場合、一日で5ヒートもこなす必要があるサーファーがいたりとハードであったため、先に1ラウンドのみでも開催しようと思ってのことでしょう。

さて、本日のラウンド4は3人ヒートのため、1位通過者はクオーターファイナル進出、2位と3位はラウンド5行きとなる敗者の出ないラウンド。

1位通過で一足早くクオーターファイナリストとなったのはヒート順に、マット・ウィルキンソン、ミシェル・ボウレズ、コナー・オレアリー、ビード・ダービッジの4名となりました。

本日のハイスコアライディングは以下の通り。

*マット・ウィルキンソンの8.67

*ミシェル・ボウレズの9.00

*コナー・オレアリーの7.33

本日のヒート結果

今後のヒート表

波予報

明日15日(木曜)こそは、おそらくイベント最終日となることでしょう。波のサイズはフェイスで6~10フィートの予報です。

実は、ウェイティングピリオド最終日となる16日(金曜)午後には再びサイズアップの予報で、フェイスで最大15フィートになる予報です。少しタイミングが悪かったですね…。

*まとめ

日本とフィジーの時差は3時間で、日本が3時間遅れています。現地時間の午前7時半にイベント開始の場合、日本時間では午前4時半となります。

公式サイト:「Outerknown Fiji Pro

*2017年フィジープロの関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事