• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

そろそろ夏も間近に迫ってきていて、夏の終わりになればサーファーにとって嬉しい台風シーズンとなりますね。

ということで、台風シーズンに向けてトレーニングを行った方が良い時期になってきたと言えます。

今回の動画は、サーファー向けの動作を取り入れた高強度インターバルトレーニング(High Intensity Interval Training)映像をお届けします。


スポンサーリンク



高強度インターバルトレーニング

高強度インターバルトレーニングとは、負荷の強い運動と負荷の弱い運動(もしくは休憩)を交互に行うもので、20~30分程度の短時間で効果を挙げられるというトレーニング。

ジムに通ったりするほどの時間がない方でも、自宅などで手軽に行うことが可能なメニューである点が今回のメリットです。

動画で推奨している頻度は、20~30分のトレーニングを週に4~5回行えば、効果が実感できる内容になっているとのこと。

トレーニング動作

トレーニング動作に決まりはないものの、動画2:02~からサーファー向けの動作をいくつか紹介してくれています。

ちなみに、紹介されている動作に自分なりにプラスアルファを加えたりなどしても問題はないので、あくまでも動画内の動作は参考程度とのこと。

トレーニングのインターバル

今回のトレーニングでは、始めの内は負荷の強い運動を30秒した後に30秒休憩。体力が付いてきたら、40秒高負荷運動の後に20秒休憩、50秒高負荷運動の後に10秒休憩など、休憩のインターバルを減らしていくとのこと。

高負荷運動と休憩を一組にしたセット数についてですが、体力に合わせて5~10セットほどが一般的となります。

参照記事:「THE SURFING HIIT WORKOUT

----------

トレーニングの関連記事
  • 移動で凝り固まった体をほぐす方法!モニカ・エレオグラムの旅ストレッチ
  • ワールドタイトルを目指すマット・ウィルキンソンのヨーロッパ前のトレーニング映像
  • ペイジ・ハレブ
    2017年にワールドツアー返り咲きを目指すペイジ・ハレブのトレーニング方法
  • ガブリエル・メディナがホームに設立したトレーニング施設を自ら紹介するツアー動画
  • ビッグウェイブサーフィンに備えたマーク・マシューズの水中トレーニング
  • テイラー・ノックスから学ぶスケート(カーバー)を生かした体勢作り

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事