クラウドブレイクが舞台の名作ドキュメント作品「Thundercloud」!無料公開スタート

シェア(記事を気に入ればお願いします)

クラウドブレイク(フィジー)でのワールドツアーイベント期間中にモンスタースウェルがヒットし、サーフィン史に刻まれる事となった2012年6月8日。

同日のクラウドブレイクをテーマにしたドキュメンタリー作品「Thundercloud」は市販作品としてリリースされましたが、レッドブルがフルムービーの無料公開を始めました。

今回の動画は、2時間近くに及ぶ名作サーフムービー「Thundercloud」のフルムービーをお届けします。


スポンサーリンク



同作品については予告編がリリースされた時に当ブログでも記事にしていたので、記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。

クラウドブレイクを舞台にしたドキュメンタリー作品「Thundercloud」の予告編
2012年、フィジーのクラウドブレイクで開催されたワールドツアーイベント「ボルコム・フィジー・プロ」で、ウェイティングピリオド中に押し寄せた...

作品の構成は、前半がクラウドブレイクに関するヒストリー、中盤がワールドツアーイベントとして同日に開催された2ヒート、後半がワールドツアーサーファーとビッグウェイブサーファーによるフリーセッション。

当日は危険なコンディションとの判断でイベントは2ヒートのみ開催でオフとなったものの、その後のフリーセッションもライブ配信されていたので、あの興奮を覚えている方もいることでしょう。

個人的に感銘を受けたのは、先日のクラウドブレイク記事でも触れたラオニ・モンテイロ。ラオニはCTサーファーとしては、さほど目立つ存在ではありませんでした。

ですが、今回の動画で口にした以下のセリフには強いプロ意識を感じます。

僕はプロフェッショナルなんだから、どんなコンディションでもチャージできるだけの準備ができてなきゃならないし、自分のスキルを証明しなきゃならなかった。

それで、とにかくデカいバレルに狙いを定めて、これまでの人生で乗ったことのないほどのビッグバレルにチャージしたんだ。

57:30~からのシーンで、ラオニは人生最大サイズのビッグバレルに乗った代償として、膝を大怪我することに。しかし、ギャラリーの記憶に残るチャージだったと言えるのではないでしょうか。

動画全体が見応えの詰まった「Thundercloud」。長い作品なので、時間のある時にじっくりとチェックして見て下さい。

*下記イメージクリックで動画元へ飛びます。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)