ブラジルの若手スタイルマスター/ヤン・ダーバーコウがロンボク島デザートポイントへ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

これまで耳にしたことはなかったものの、気になるサーファーとして浮上したアンダーグランドなブラジリアンサーファーのヤン・ダーバーコウ「Yan Daberkow」(22歳)。

少し調べて見ると、2014年を最後にQSイベントには出場していないようなので、フリーサーファーのようです。

今回の動画は、ヤン・ダーバーコウが今年5月にインドネシアのロンボク島デザートポイントでフリーサーフィンする映像をお届けします。


スポンサーリンク



動画を見ると、オルタナティブ系サーファーのようにスタイリッシュなライディングが目を引くヤンのライディング。

イメージとしては、オーストラリアのアッシャー・ペイシーやトレン・マーティンなどに近い存在ではないでしょう。ヤンの場合はまだ若いので、これから様々なテイストが加わると思います。

さて、そんなヤンによるデザートポイントへのトリップ。本人がSNSに投稿したコメントは以下の通り。

何度デザートポイントに来ても、毎回ベストトリップの記録が更新されるくらい期待を超える場所なんだ。

今回は5月のトリップで、世界ベストウェイブがブレイクするデザートポイントにとって最高の時期だね。

日の出から日没まで3日間サーフィンに没頭してて、波に乗る度にチューブとそのエネルギーは期待を裏切らなかったよ。

どうやら最高の思い出を刻んだ様子のヤン。ブラジリアンのスタイルマスターとして、今後注目されても不思議ではない存在なのでチェックして見て下さい。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)