via youtube

11×ワールドチャンピオンという異次元の記録を有し、今なおワールドツアーで活躍するケリー・スレーター「Kelly Slater」(45歳)。

そのケリーが、お気に入りのタバルア島(フィジー)にステイしている時に5'3"という短いボードに乗り、フェイスで12フィートの波にチャージした時の映像が公開。

今回の動画は、ケリー・スレーターが自身のボードブランドであるスレーターデザインズの「Omni(オムニ)」に乗る映像をお届けします。


スポンサーリンク


ビッグサイズの波に短かめのサーフボード、いわゆるミニボードに乗るケリーは何も珍しくありません。

振り返ってみれば2008年のパイプマスターズでは、「Deep Six(ディープシックス)」と呼ばれるミニボードでパイプラインにチャージし、後にミニボードのブームを引き起こしましたので。

このミニボードのブームは今もしっかりと受け継がれていて、現在のCTサーファーのメインボードが5フィート台が大半であるのもケリーの影響と言えます。

そして今回の動画。ジョークとも思えるほど短い5'3"でダブルオーバーヘッドの波に、当たり前のように乗っているのです。

それだけオムニが万能であるとの証であるのかもしれませんが、少し待ってください。ケリーがディープシックスに乗った時は、「テイクオフがギリギリになるから、(バレルに入るために)ストールする必要がないんだ」と口にしていました。

つまり、ボードが短くなれば動かしやすいので、バレルの中で細かいラインの微調整が可能といったメリットもあるのですが、ボードの走り出しが遅いなどのデメリットもあります。

デメリットをカバーできるだけのスキルがあるのならば、こういった使い方もアリと言う、あくまでも条件付きでの使用方法とも言える動画ではないでしょうか。

----------

ケリー・スレーターの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事