ケリー・スレーターが5’3″の「Omni」でフェイス12フィートの波にチャージ@フィジー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via youtube

11×ワールドチャンピオンという異次元の記録を有し、今なおワールドツアーで活躍するケリー・スレーター「Kelly Slater」(45歳)。

そのケリーが、お気に入りのタバルア島(フィジー)にステイしている時に5’3″という短いボードに乗り、フェイスで12フィートの波にチャージした時の映像が公開。

今回の動画は、ケリー・スレーターが自身のボードブランドであるスレーターデザインズの「Omni(オムニ)」に乗る映像をお届けします。


スポンサーリンク



ビッグサイズの波に短かめのサーフボード、いわゆるミニボードに乗るケリーは何も珍しくありません。

振り返ってみれば2008年のパイプマスターズでは、「Deep Six(ディープシックス)」と呼ばれるミニボードでパイプラインにチャージし、後にミニボードのブームを引き起こしましたので。

このミニボードのブームは今もしっかりと受け継がれていて、現在のCTサーファーのメインボードが5フィート台が大半であるのもケリーの影響と言えます。

そして今回の動画。ジョークとも思えるほど短い5’3″でダブルオーバーヘッドの波に、当たり前のように乗っているのです。

それだけオムニが万能であるとの証であるのかもしれませんが、少し待ってください。ケリーがディープシックスに乗った時は、「テイクオフがギリギリになるから、(バレルに入るために)ストールする必要がないんだ」と口にしていました。

つまり、ボードが短くなれば動かしやすいので、バレルの中で細かいラインの微調整が可能といったメリットもあるのですが、ボードの走り出しが遅いなどのデメリットもあります。

デメリットをカバーできるだけのスキルがあるのならば、こういった使い方もアリと言う、あくまでも条件付きでの使用方法とも言える動画ではないでしょうか。

———-

ケリー・スレーターの過去記事

ケリー・スレーターが語るタバルア島(フィジー)、ヒート、ワールドツアー後半戦の目標
今年は自身が創業者であるアパレルブランド「Outerknown(オウターノウン)」が、フィジーイベントのタイトルスポンサーを...
ケリー・スレーターのVR動画@南太平洋!ケリーのライディングを細かくチェック
「ケリー・スレーター×ジョンジョン・フローレンス」、「シェーン・ドリアン×アルビー・レイヤー」、「ロブ・マチャド×クレイグ・...
リハビリ期間のはずのケリーがグリーンマウントでバレルゲット!ミック・ファニングも登場
つい先日、腰の調子が悪いので海からしばらく離れるオフ期間を設け、フィジーイベントまではしっかりとリハビリに励むと口にした11...
ケリー・スレーターがProximityプレミア試写会で激白!ブラジル戦欠場や体の調子など
アドリアーノ・デ・スーザの優勝で幕を閉じたブラジルイベント。同イベントをケリー・スレーターが欠場した理由については、WSLに...
再び頂点を狙うケリー・スレーターのツアードキュメント「Continuance」:ゴールドコースト
昨年ワールドチャンピオンとなったジョンジョン・フローレンスに刺激を受け、今年は本気でワールドタイトルを狙いに行くと宣言した1...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)