• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

via youtube

11×ワールドチャンピオンという異次元の記録を有し、今なおワールドツアーで活躍するケリー・スレーター「Kelly Slater」(45歳)。

そのケリーが、お気に入りのタバルア島(フィジー)にステイしている時に5'3"という短いボードに乗り、フェイスで12フィートの波にチャージした時の映像が公開。

今回の動画は、ケリー・スレーターが自身のボードブランドであるスレーターデザインズの「Omni(オムニ)」に乗る映像をお届けします。


スポンサーリンク



ビッグサイズの波に短かめのサーフボード、いわゆるミニボードに乗るケリーは何も珍しくありません。

振り返ってみれば2008年のパイプマスターズでは、「Deep Six(ディープシックス)」と呼ばれるミニボードでパイプラインにチャージし、後にミニボードのブームを引き起こしましたので。

このミニボードのブームは今もしっかりと受け継がれていて、現在のCTサーファーのメインボードが5フィート台が大半であるのもケリーの影響と言えます。

そして今回の動画。ジョークとも思えるほど短い5'3"でダブルオーバーヘッドの波に、当たり前のように乗っているのです。

それだけオムニが万能であるとの証であるのかもしれませんが、少し待ってください。ケリーがディープシックスに乗った時は、「テイクオフがギリギリになるから、(バレルに入るために)ストールする必要がないんだ」と口にしていました。

つまり、ボードが短くなれば動かしやすいので、バレルの中で細かいラインの微調整が可能といったメリットもあるのですが、ボードの走り出しが遅いなどのデメリットもあります。

デメリットをカバーできるだけのスキルがあるのならば、こういった使い方もアリと言う、あくまでも条件付きでの使用方法とも言える動画ではないでしょうか。

----------

ケリー・スレーターの過去記事

ケリー・スレーターが語るタバルア島(フィジー)、ヒート、ワールドツアー後半戦の目標
2017-06-21 11:37
今年は自身が創業者であるアパレルブランド「Outerknown(オウターノウン)」が、フィジーイベントのタイトルスポンサーを務める決断を下した11×ワールドチャンピオンのケリー・ス...

ケリー・スレーターのVR動画@南太平洋!ケリーのライディングを細かくチェック
2017-05-25 11:27
「ケリー・スレーター×ジョンジョン・フローレンス」、「シェーン・ドリアン×アルビー・レイヤー」、「ロブ・マチャド×クレイグ・アンダーソン」、「デイヴ・ラストヴィッチ×ステファニー・...

リハビリ期間のはずのケリーがグリーンマウントでバレルゲット!ミック・ファニングも登場
2017-05-24 11:44
つい先日、腰の調子が悪いので海からしばらく離れるオフ期間を設け、フィジーイベントまではしっかりとリハビリに励むと口にした11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター。 なのですが...

ケリー・スレーターがProximityプレミア試写会で激白!ブラジル戦欠場や体の調子など
2017-05-19 11:25
アドリアーノ・デ・スーザの優勝で幕を閉じたブラジルイベント。同イベントをケリー・スレーターが欠場した理由については、WSLによる発表を先日お届けしました。 当のケリーはゴールドコー...

再び頂点を狙うケリー・スレーターのツアードキュメント「Continuance」:ゴールドコースト
2017-05-07 12:01
昨年ワールドチャンピオンとなったジョンジョン・フローレンスに刺激を受け、今年は本気でワールドタイトルを狙いに行くと宣言した11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly...
サーフボードの関連記事
  • スタブ誌ミステリーボード企画第3弾!テストライダーはジョーディ・スミス
  • スノーボードのようなフレックス性能を備えたサーフボード「Moda Surfboards」
  • ツアーイベントにおけるタジ・バロウのサーフボード事情
  • ボー・クラムがキャッチサーフでフィンレスセッション!可能性が広がり続けるスポンジボード
  • バンパイレーツサーフボードの「Inflatable Mattress」をテストライド:オジー・ライト
  • フィンレスボード「ラビッツ・フット」のライド映像:トレヴァー・ゴードン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事