• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

1955~1975年のおよそ20年に渡って続いたベトナム戦争。アメリカが敗北したとも言われる同戦争が終戦したのは約40年前のことです。

20年という同期間において、アメリカ政府によると計9百万人以上の兵士をベトナムに派遣し、命を落としたものの数は4万8千名。

今回の動画は、カリフォルニア・サーフ・ミュージアム(California Surf Museum)にてベトナム戦争の退役軍人を称える展示会がオープンしたということで、内容についてお届けします。


スポンサーリンク



退役軍人とサーフィンという組み合わせに違和感を覚える方もいるかもしれませんが、兵士の中にもサーファーがいました。

常に死と隣り合わせの緊迫した任務の中、ホームに少しでも似たような感覚を味わってリラックスするべく、アメリカ兵の一部グループが現地でオープンしたのが「China Beach Surf Club」。

過去二年ほどで同サーフミュージアムは60名以上の退役軍人に対し、ベトナムでのサーフィン体験に関するインタビューを行ったそうです。

そこで度々耳にしたのは、以下のようなセリフだったと言います。

ベトナムから戻ってきた時にサーフィンがなければ、どうなっていたのか分からないけど、今ほど良い人生を送れていないだろうね。

近年では、海のヒーリング効果を狙って自閉症患者にサーフィンを体験してもらうイベントの話題も頻繁に耳にします。

遊びという枠を超え、サーフィンが精神にもポジティブな作用を与えるという側面などを伝える機会を設けた今回の展示会は、素晴らしい試みではないでしょうか。

----------

参照記事:「SURF MUSEUM OPENS EXHIBIT HONORING VETS WHO SURFED IN VIETNAM

ニュースの関連記事
  • 世界最高ウェイブプールと謳うサーフ・レイクス!バートン・リンチもチーム入り
  • ビーバーからヒントを得た軽量かつ動きやすい柔毛状ウエットスーツ素材
  • 2016年度ウイメンズWCTメンバー~サーフィンワールドツアーの顔ぶれ~
  • タジ・バロウ
    タジ・バロウがフィジーイベントを最後にワールドツアー引退を発表
  • ブルース・アイアンズ パイプマスターズ
    ブルース・アイアンズがパイプマスターズにワイルドカード出場決定
  • シャークアタック多発の豪NSW州が二つの防止策実施を発表

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
車の使用目的は千差万別。ただ、サーファーならば自分のスタイルを出し、少しでも快適空間にしたいと思うのではないでしょうか。週末にちょっと遠出に...