via youtube

新たなブラジリアンストームの芽とも言える若干16歳のブラジリアンサーファーのマテウス・ハーディ「Mateus Herdy」(16歳)。

先月6月には南アフリカのダーバンで開催されたSAオープンのジュニア部門にて、WSLイベントでの初優勝を飾っています。

今回の動画は、マテウス・ハーディがインドネシアを訪れた12日間のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


プロジュニアやQSイベントで世界中を転戦しているマテウス。今年だけですでに19イベントにも出場しています。

そんなマテウスなのですが、意外にも今回が初めてのインドネシアとのこと。コンテストの合間を縫い、今年4月に訪れたそうです。

ボルコムやレッドブルといったビッグネームのスポンサーが付いているということで、ブラジリアンサーファーの中でも相当な期待を寄せられている若手サーファー。

そのマテウスによる、インドネシアのバリ島やスンバワ島でのフリーサーフィンをチェックして見て下さい。

マテウス・ハーディの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事