• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

via vimeo

現CTランク10位でカウアイ島(ハワイ)出身のシーバスこと、セバスチャン・ジーツ「Sebastian Zietz」(29歳)。

オーストラリアンレグ終了後、多くのCTサーファーがオーストラリアから近いインドネシアへ向かったのと同じく、シーバスもブラジルイベント前までインドネシアで過ごすことに。

今回の動画は、セバスチャン・ジーツのシリーズ動画となっている「Happily Stoked」のエピソード3をお届けします。


スポンサーリンク



ブラジルイベントまでは短期間のオフであったものの、インドネシアでは精力的に活動をこなしていたシーバス。

まずは、バリ島クラマスで開催されたコムネプロに参戦。グレードの低いQSイベントながら、クラマスを貸切サーフできるとあり、ビッグネームが揃ったイベントでしたね。

その後、コムネプロを制したブレント”ブレノ”ドリントンやオークリーのチームライダーなどとメンタワイへとボートトリップ。

メンタワイでは素晴らしいまでのコンディションの波を当てることに。サイズもあり、フェイスはクリーンでバレルもあり、文句のつけようがありません。

ブラジルイベントに登場したシーバスが坊主頭になっていたのが少し気になっていましたが、今回の動画で理由が分かりました(笑)。

これでもかとパーフェクトウェイブで繰り広げられるプロによるライディングの数々。とても見応えがあります。

「Happily Stoked」の過去エピソード

テンション高いシーバスがマーガレットリバーでフリーサーフ@2017年マーギーズプロ期間
2017-05-23 18:00
シリアスにならざるを得ないコンテストの世界。コンテスト結果次第では、キャリアに影響を及ぼす可能性が高いためです。 そんなコンテストの世界に身を置きながらも、コンテスト期間のオフの時...

ゴールドコースト全域でセバスチャン・ジーツがフリーサーフ@2017年クイックプロ期間
2017-04-04 06:45
昨年はワールドツアーサーファーではなかったものの、怪我によりツアーを欠場したサーファーに代わってリプレイスメント出場することでトップ22入りを果たし、今季のツアー入りを決めたシーバ...
フリーサーフの関連記事
  • ビラボンライダー
    ヨーロッパに集まったビラボンのトップライダーによるファンサーフ動画@2015
  • アクション系のバリ島&ビッグバレルのニアスでフリーサーフ
  • 8か国のサーフィンオリンピックチームがザ・コーヴ(最新造波装置)を体験
  • マウイ島ジョーズを代表するアルビー・レイヤーのチャージ特集
  • QSイベントでトップサーファーがクラマス(バリ島)に集まった4月後半のフリーサーフ動画
  • 強烈なインパクトを残すフリーサーフ:ジェシー・メンデス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事