via vimeo

現CTランク10位でカウアイ島(ハワイ)出身のシーバスこと、セバスチャン・ジーツ「Sebastian Zietz」(29歳)。

オーストラリアンレグ終了後、多くのCTサーファーがオーストラリアから近いインドネシアへ向かったのと同じく、シーバスもブラジルイベント前までインドネシアで過ごすことに。

今回の動画は、セバスチャン・ジーツのシリーズ動画となっている「Happily Stoked」のエピソード3をお届けします。


スポンサーリンク


ブラジルイベントまでは短期間のオフであったものの、インドネシアでは精力的に活動をこなしていたシーバス。

まずは、バリ島クラマスで開催されたコムネプロに参戦。グレードの低いQSイベントながら、クラマスを貸切サーフできるとあり、ビッグネームが揃ったイベントでしたね。

その後、コムネプロを制したブレント”ブレノ”ドリントンやオークリーのチームライダーなどとメンタワイへとボートトリップ。

メンタワイでは素晴らしいまでのコンディションの波を当てることに。サイズもあり、フェイスはクリーンでバレルもあり、文句のつけようがありません。

ブラジルイベントに登場したシーバスが坊主頭になっていたのが少し気になっていましたが、今回の動画で理由が分かりました(笑)。

これでもかとパーフェクトウェイブで繰り広げられるプロによるライディングの数々。とても見応えがあります。

「Happily Stoked」の過去エピソード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事