• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

via youtube

ウェイブプールの発展など内陸地であってもサーフィン可能になったりと、進化のスピードが加速しているサーフィン。

ならば、サーフィンの未来は!?その未来を形にして見せたのが、豪スタブ誌×ボルコムによる今回の新プロジェクト。

今回の動画は、フローティングドック(浮きドック)を使用したパドリング要らずの未来型サーフィンの映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回のプロジェクトの肝となっているのが「浮きドック」。船を修理するためのドックの一種であり、海上にて係留させることが可能。

この浮きドックをラインナップに据えつけ、波が入ってきたら浮きドックの上を走ってスピードを付けて波へ飛び乗るというぶっ飛んだ企画です(笑)。

ただし、かなり危険であった今回の企画。というのも、浮きドック自体は長さ100フィート(約30メートル)重さ0.5トン(約500キロ)あるのに加え、係留するために浮きドック近くにはワイヤーが張られているため。

波はまったく同じ場所でブレイクするわけではないので、波が予定場所よりもアウトでブレイクすれば、500キロもの浮きドックが不規則に暴れる上に、ワイヤーに絡まってしまう恐れも…。

パドル要らずサーフィンにおいて武器となるはずの浮きドックが、暴走車のようにサーファーを襲い掛かってくる場合、サーファーはとにかく浮きドックから逃げ惑うことになります。

今回の企画に参加したボルコムライダーは、ノア・ディーン、オジー・ライト、ミッチ・コレボーン、ヤゴ・ドラ、バララム・スタック、イマイカラニ・デヴォルト。

撮影地は、インドネシアのバリ島となっています。

----------

参照記事:「The Dock

  • フランスのヌーディストビーチでコア・スミスがヌードサーフィンに挑戦
  • タンデムサーフィン サーフィンドッグ
    二匹のワンコと一緒にSUPでタンデムライディング@オーストラリア
  • 世界で最も過激なウォーターパーク「アクション・パーク」
  • アクセル・アイアンズ7歳の誕生日!JOBによるノースショアの遊びを堪能
  • 何の変哲もない木材やスノーボードみたいなアライアで波に乗っちゃうフレッド・コンパニオン
  • ベストリザルトを残したスネークテールズ@2017年カスカイス(ポルトガル)編

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事