キャンプスタイルのサーフトリップ!ミカラ・ジョーンズがパプアニューギニアへ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via youtube

ハワイのオアフ島ノースショアをホームとし、世界中のバレルを狙う生活を送っているミカラ・ジョーンズ「Mikala Jones」(39歳)。

北半球の冬はホームであるオアフ島ノースショア、夏はインドネシアのバリ島を拠点とするドリームライフを送っていることでも知られるフリーサーファーです。

今回の動画は、ミカラ・ジョーンズがトラベルサーファーなどほとんどいないエリアへとサーフトリップした際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



今やインターネット時代で世界中のサーファーと情報共有が可能であることから、未開拓エリアは少なくなってきていることでしょう。

それでも、現代における快適さを求めないのであれば、まだまだ知られていないエリアは豊富なはず。

さて、ミカラの拠点はオアフ島ノースショアとバリ島とお伝えしましたが、フリーサーファーとしてサーフトリップもライフスタイルの一部。

今回、ミカラが訪れたのはパプアニューギニア。日本でも、旅行会社がパプアニューギニアへのサーフトリップツアーを扱っているので、サーフデスティネーションとして名前だけでも聞いたことのある方はいると思います。

ミカラのトリップの場合はもちろんツアーではなく、テントを設営するキャンプスタイルとサーフトリップの枠を超えていますが…。

世界には、混雑とは無縁のサーフエリアがまだまだあるのだなと考えさせられるパーフェクトウェイブを当てた内容となっています。

ミカラ・ジョーンズの過去記事

ミカラとマーロンが当てたニアスの今季ファーストビッグスウェル@2017年5月
季節が雨季から乾季へと変わったことで、すでにサーフシーズン入りしているインドネシア。 そのインドネシアの中でも、絵に描...
オフザウォールで21針も縫う怪我を負った顛末:ミカラ・ジョーンズ
ウインターシーズンも本格的になり、ボルテージが高まるハワイのオアフ島ノースショア。ネット上では数々のセッション動画がアップされ、ノー...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)