via youtube

ハワイのオアフ島ノースショアをホームとし、世界中のバレルを狙う生活を送っているミカラ・ジョーンズ「Mikala Jones」(39歳)。

北半球の冬はホームであるオアフ島ノースショア、夏はインドネシアのバリ島を拠点とするドリームライフを送っていることでも知られるフリーサーファーです。

今回の動画は、ミカラ・ジョーンズがトラベルサーファーなどほとんどいないエリアへとサーフトリップした際の映像をお届けします。


スポンサーリンク


今やインターネット時代で世界中のサーファーと情報共有が可能であることから、未開拓エリアは少なくなってきていることでしょう。

それでも、現代における快適さを求めないのであれば、まだまだ知られていないエリアは豊富なはず。

さて、ミカラの拠点はオアフ島ノースショアとバリ島とお伝えしましたが、フリーサーファーとしてサーフトリップもライフスタイルの一部。

今回、ミカラが訪れたのはパプアニューギニア。日本でも、旅行会社がパプアニューギニアへのサーフトリップツアーを扱っているので、サーフデスティネーションとして名前だけでも聞いたことのある方はいると思います。

ミカラのトリップの場合はもちろんツアーではなく、テントを設営するキャンプスタイルとサーフトリップの枠を超えていますが…。

世界には、混雑とは無縁のサーフエリアがまだまだあるのだなと考えさせられるパーフェクトウェイブを当てた内容となっています。

ミカラ・ジョーンズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事