ケミカルに頼らずナチュラルな手法で虫除け(主に蚊)する4つの方法

シェア(記事を気に入ればお願いします)

夏になると自然と多くなる虫。特に蚊が苦手という方も多いと思いますが、避けては通れませんよね。

近年ではデング熱のウイルスを持った蚊が検出されたりと、蚊に刺されて痒くなるだけでは済まないケースもあります。

今回の記事は、快適に夏を過ごすために、ケミカルではなくナチュラルな方法で蚊などの虫を寄せ付けない対策内容をお届けします。


スポンサーリンク



サーファーであれば夏に屋外で過ごす場合が多いので、チェックしておきたい蚊避け対策。

今回紹介するのは、体に害のないナチュラルな手段で蚊を撃退する4つの対策。各手法は以下の通りとなります。

マリーゴールド

まずは、キク科の植物であるマリーゴールド。見た目的にも美しいマリーゴールドは、比較的簡単に育てられる上に虫除け効果も高いと言われています。

そのため、庭に植えたり、プランターを使ってベランダなどで育てることにより、蚊避け効果を発揮してくれるとのこと。

———-

シトロネラ

シトロネラもまた、虫除け効果が高いと言われる植物。植物として育てるのも良し、シトロネラオイルを使うのも良し。

ちなみに、シトロネラは人間、動物、さらには香りを嫌がって逃げる虫にさえも無毒とのこと。

———-

ラベンダーオイル

とても香りが良いことから、消臭剤や除菌剤などで使用されていることも多いラベンダー。

そのラベンダーもまた、シトロネラ同様にオイルとして蚊避けに使えるとのこと。

———-

コーヒーの出し殻(かす)

インスタントではないコーヒーを毎日飲む方が、大抵は捨てていると思われてるコーヒーの出し殻。ですが、出し殻も蚊避けに効果的とのこと。

家の周りで水が溜まりやすい場所などに出し殻を撒けば、出し殻は自然に還るだけでなく、蚊に対して効果を発揮すると言います。

まとめ

いくら効果があろうと、ケミカルなものを使用することに抵抗のある方もいると思うので、興味があれば上記蚊避け方法を試してみてはいかがでしょうか。

———-

参照記事:「4 natural ways to repel mosquitoes (and other pesky bugs)

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)