サーフ事故から復帰のラッセル・ビールキ!復帰後初のビッグバレルセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

現在のビッグウェイブサーフィンにおける若手チャージャーとして、最もホットな存在であるラッセル・ビールキ「Russell Bierke」(20歳)。

昨年開催されたケープフィアでのビッグウェイブイベント優勝は衝撃的でしたからね。

今回の動画は、ラッセル・ビールキによる最新ビッグバレルチャージ映像をお届けします。


スポンサーリンク



ラッセルと言えば、今年4月にサーフィン中の事故に遭い、ケリー・スレーターなどに救助されたことは過去記事でお届けしました

サーフィン中の事故:ケリー・スレーターなどが10代トップのビッグウェイブサーファーを救助
ワールドツアーイベントのリップカールプロ@ベルズビーチが終了したオーストラリアVIC(ビクトリア)州。 同イベント終了...

今回のセッションは、4月の事故後、初となるサーフセッションの映像と言うことです。

溺死しそうになった事故後の復帰第一弾のセッションでありながら、相変わらずな波を攻めているのでトラウマなどはなさそうな感じですね。

ラッセルがすでにサーフィン復帰しているということは、レッドブルイベント@ケープフィアが今年も開催となれば、出場してくるはずなので、レッドブルイベントも楽しみですね。

ラッセル・ビールキの過去記事

ビッグウェイブチャージは若手トップ!ラッセル・ビールキのプロファイル動画
経験が物を言うビッグウェイブサーフィン。シェーン・ドリアンに然り、今年6月に開催されたプエルト・エスコンディードでのBWT(ビッグウ...
「レッドブル・ケープ・フィア」優勝のラッセル・ビールキのインタビュー&ライディング特集
先日開催されたビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア」で優勝し、ビッグウェイブ界のニューカマーとして一躍脚光を浴びること...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)