ステフが早期敗退を喫した2017年ウイメンズCT第6戦「USオープン」初日

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ジョアン・デフェイ Photo: WSL

現地時間8月1日(アメリカ)、カリフォルニアのハンティントンビーチを舞台にしたウイメンズのCT第6戦「バンズUSオープン・オブ・サーフィン(Vans US Open of Surfing)」がスタート。

イベント初日の本日は、ラウンド1~2まで進行しました。

今回の記事は、USオープン初日となった本日のイベントレポート、今後の波予報、動画などをお届けします。


スポンサーリンク



イベントレポート

ウイメンズのイベント初日と言えば、通常はトップシードが順当に勝ち上がる結果となることが大半ですが、本日は6×ワールドチャンピオンのステファニー・ギルモアがまさかの敗退。

ステフを破る番狂わせを起こしたのは、トライアルを制してワイルドカード出場となったモード・ル・カーでした。

*ステフvsモードのヒートダイジェスト動画

本日のシングルハイエストスコアとなる9.00をマークしたのは、オープニングヒートに登場したジョアン・デフェイ。

9.00に加えて8.00のバックアップスコアも叩き出したジョアンは、本日のトータルハイエストスコアとなる17.00もマークする事となりました。

*ジョアン・デフェイの9.00

その他のハイスコアライディングは以下の通り。

*タイラー・ライトの7.10

*カリッサ・ムーアの8.33

ハイライト動画(メンズQSイベント映像も含む)

本日のヒート結果

今後の波予報

本日のスウェルは2日(水曜)も続き、2日のサイズはフェイスで4~7フィートの見込み。

スウェルに恵まれる予報となっていた今年は、すでにイベント開催前から1~2日の開催が発表されていたので、2日も開催となるでしょう。

*まとめ

日本とカリフォルニアの時差は16時間で、日本が16時間進んでいます。現地時間の午前7時半にイベント開始の場合、日本時間では夜中の23時半となります。

公式サイト:「Vans US Open of Surfing