優勝のセイジ・エリクソン Photo: WSL

現地時間8月6日(アメリカ)、カリフォルニアのハンティントンビーチを舞台にしたウイメンズのCT第6戦「バンズUSオープン・オブ・サーフィン(Vans US Open of Surfing)」が終了。

優勝はセイジ・エリクソン。カリフォルニア出身のセイジにとって、今回が初CTイベント優勝となりました。

今回の記事は、USオープン最終日となった本日のイベントレポートや動画などをお届けします。


スポンサーリンク


イベントレポート

セミファイナルからスタートした本日、ヒート1はディフェンディングチャンピオンのタティアナ・ウェストン・ウェブがココ・ホーを破り、昨年同様にファイナル進出を決定。

ヒート2はカリフォルニア出身同士のセイジ・エリクソンとコートニー・コンローグが対戦。コートニーは今イベント優勝ならばCTランクにおいてかなり有利となったのですが、残念ながら敗退。

タティアナとセイジのファイナルは、ヒート終盤は僅差でタティアナがリードしていたものの、残り3分を切ったところでセイジが波を掴み、大逆転でCTイベント初優勝を飾ることに。

「USオープンで優勝しただけなんだけど、ワールドチャンピオンになったくらいの気分でお祝いしたいわ」と、セイジは喜びを爆発させていました。

本日のヒート結果

最新CTランキング


全ランキングはこちら

上位陣はステファニー・ギルモアとコートニー・コンローグの順位が入れ替わった程度で、大きな変化はあまりないですね。

メンズ同様、ウイメンズも上位陣のポイント差がさほど離れてはいないので、今年のタイトルレースは混戦となりそうな予感がします。

*まとめ

ウイメンズの次なるCT第7戦は、南カリフォルニアのローワー・トレッスルズ(ローワーズ)で開催となるスウォッチプロ。

同イベントのウェイティングピリオドは、9月6~17日の設定となっています。

----------

公式サイト:「Vans US Open of Surfing

2017年ウイメンズUSオープンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事