2017年CT第7戦「ビラボンプロ@タヒチ」のイベント情報!出場サーファーや波予報など

シェア(記事を気に入ればお願いします)

昨年度優勝のケリー・スレーター Photo: WSL

メンズCTイベントの中でも最もエキサイティングなイベントの一つであるチョープー(タヒチ)を舞台にしたCT第7戦「ビラボン・プロ・タヒチ(Billabong Pro Tahiti)」。

同イベントのウェイティングピリオドは、8月11~22日に設定されているので開催間近となってきました。

今回の記事は、2017年ビラボン・プロ・タヒチのトライアル勝者、出場サーファー、波予報といったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク



出場サーファー

今回欠場となるCTサーファーは、Jベイでのイベント期間中に足指を骨折したケリー・スレーター。ケリーのリプレイスメント出場は、これまで通りのナット・ヤングとなります。

ケリー・スレーターの骨折の状況:回復見込みは当初予定よりも大幅に長引く恐れも
JベイでのCTイベント三日目のレポートでお伝えした通り、フリーサーフィン中にサーフボードがヒットし、足の指を二本折ってしまっ...

ワイルドカードの2枠は、ローカルワイルドカードのタウマタ・プヘティニとトライアルイベント勝者で元CTサーファーのアリッツ・アランブル。

トライアルは8日(火曜)に開催され、メイソン・ホー、コア・ロスマン、セス・モニーツ、ジャック・ロビンソンなど、トップレベルのビッグウェイブサーファーやコンテストサーファーが集結。

残念ながらチョープーらしいコンディションには恵まれなかったものの、ファイナルでは以前に同トライアルから本戦出場経験のあるネイザン・ヘッジを破ったアリッツが優勝。

ヒート表は以下の通り。

波予報

公式波予報サイト「サーフライン」によると、現時点において今年はビッグスウェルが期待できない予報となっています。

最も波が期待できるのは、ウェイティングピリオド初日の11~13日でサイズはオーバーヘッドほど。その後の14日からサイズダウン傾向になる見込みです。

まとめ

日本とタヒチの時差は19時間で、日本の方が19時間進んでいます。現地時間の8月11日午前8時にイベント開始となる場合、日本時間では8月12日午前3時となります。

*過去数年の厳選パーフェクト10ライド

———-

公式サイト「Billabong Pro Tahiti

2016年ビラボンプロ@タヒチの過去記事

ケリー劇場となった2016年WCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」:最終日
現地時間8月23日(タヒチ)、南太平洋タヒチのチョープーを会場としたWCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ(Billabong ...
ケリーとブルーノが主役の2016年WCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」:三日目
現地時間8月22日(タヒチ)、南太平洋タヒチのチョープーを会場としたWCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ(Billabong ...
ウィルコが勝ち残った2016年WCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」:二日目
現地時間8月21日(タヒチ)、南太平洋タヒチのチョープーを会場としたWCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ(Billabong ...
ケリーとジョンジョンが魅せた2016年WCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」:初日
現地時間8月20日(タヒチ)、南太平洋タヒチのチョープーを会場としたWCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ(Billabong ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)