• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

via Natxo Gonzalez's instagram

飛行機を利用するサーファーに身近な問題と言えるサーフボードトラブル。

以前には、ジョンジョン・フローレンスやアレックス・グレイのサーフボードが目的地到着後に折れていて、SNSを通して航空会社によるサーフボード扱いについて話題となりましたが、再びの犠牲者が。

今回の記事は、スペイン出身ビッグウェイブサーファーのナチョ・ゴンザレスが体験したサーフボードトラブルに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク



南米チリに数年振りのビッグスウェルがヒットするということで、スペインのフラッグキャリア(国を代表する航空会社)であるイベリア航空に乗ってチリのサンチアゴに到着したナチョ。

そしてピックアップしたサーフボードバッグの中身をチェックすると、10'4、9'6、7'4という3本のビッグウェイブ用ボードが折れていたと言います。

ビッグウェイブ用ボードは通常のサーフボードよりも重量と強度があるので、真っ二つに折れたボードを見たナチョは「7階から投げ落としたんじゃないか?」とSNSでコメント。

また、皮肉交じりに「サンクス、イベリア航空」とのコメントを添えた以下の動画を公開しています。

今回のトラブルに関してナチョがSNSで公開した理由は、おそらくイベリア航空から真摯な対応を受けていないためだと思います。

基本的には受託手荷物として預けたサーフボードが破損したとしても航空会社は免責というルールに同意しなければ、サーファーはボードバッグを預けることができません。

そのため、航空会社は何かあっても突っぱねるようなマニュアルでもあり、毎回後手に回っているような印象を受けます。

ボードバッグには壊れ物注意のテープが貼られるにも関わらず、このようなトラブルが発生するのは何が原因なのでしょうか!?

丁寧に扱ってほしいとは言いませんので、せめてサーフボードが破損しない程度に扱ってもらいたいものです。

飛行機でのサーフボードトラブルの過去記事

アレックス・グレイがアメリカン航空と和解:飛行機でのサーフボードトラブル続編
2017-04-18 16:55
先日お届けしたアレックス・グレイによる飛行機移動におけるサーフボードの破損トラブル。 非常に反響のあった同ニュースに関して、その後の進展があり、アレックスが本人のSNSで状況を説明...

ジョンジョン・フローレンス
ジョンジョン・フローレンスがぶちギレ!超過料金を払ったボードケースがボコボコに
2015-11-05 14:18
現在、11月11日に行われる新作サーフムービー「View From A Blue Moon」の世界同日プレミア試写会に先駆け、アメリカ国内でプロモーション活動に精を出しているジョン...
ニュースの関連記事
  • カリフォルニアで誕生したばかりのサーフアパレルブランド「ヴィスラ」
  • ケリー・スレーターが語ったオリンピック競技としてのサーフィン開催への提言
  • ミック・ファニングのフィジーイベント出場決定!ミックの現在の動向は?
  • メンタワイ(インドネシア)で施行されたサーフィン税の税収はいかに!?
  • 美人サーファー
    鼓膜の破れたサリーが使用するヘルメットの中はどうなっているのか?
  • トレッスルズ(カリフォルニア)とレユニオン島で同日にシャークアタック発生

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事