via vimeo

10代の頃から完成したサーフスキルを持ち、数年に一人の逸材と言える存在のマイキー・ライト「Mikey Wright」(20歳)。

パワー、スピード、トリック、爆発力と、昔のケリー・スレーターやデーン・レイノルズといった感じで、同年代の中でずば抜けていますね。

今回の動画は、マイキー・ライトが西オーストラリアで見せたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


オーウェンとタイラーという現役CTサーファーの弟であるマイキー・ライト。王道派の二人と比べると、ちょっとヤンチャなイメージですよね。

環境的にワールドツアーを目指しても不思議ではないのですが、若くしてツアー入りした二人から「やりたい事をやってからツアー入りを目指した方がいい」とアドバイスされたとの逸話もあります。

今年は積極的にQSイベントに出場しているので、もしかしたら、ついにCT入りを目指して動き出したのかもしれません。

そんなマイキーによる西オーストラリアでのフリーサーフィン。エアリアルの高さやターンにおけるパワーなど、どのシーンも見応え十分。

特に興味深いのが、動画後半のエゲツないスラブでのシーン。ジョンジョン・フローレンスとセッションしたサーフスポットで、以前に当ブログで紹介して大人気記事となっています。

あまりにエゲツない波なので、マイキーでさえも吹っ飛ばされまくっていますが、それでもチャージし続ける様子は必見です。

マイキー・ライトの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事