タジ・バロウ Photo: WSL

モルディブのサルタンを舞台にしたレジェンドサーファーによるWSLスペシャルティイベント「Four Seasons Maldives Surfing Champions Trophy」。

昨日お届けしたシングルフィン部門に引き続き、現地時間の8月12日にツインフィン部門が開催されました。

今回の記事は、チャンピオンズトロフィー@モルディブのツインフィン部門のイベントレポートやハイライト動画をお届けします。


スポンサーリンク


シングルフィン部門の時よりもサイズアップした3~5フィートで開催となったツインフィン部門。

素晴らしいコンディションに一同ストークする中で開催となったツインフィン部門は、同イベントを昨年制したタジ・バロウとシングルフィン部門優勝のロブ・マチャドがファイナリストとなることに。

シングルフィン部門ではセミファイナルでロブに敗退していたタジ。しかし、今回はタジがロブを下しての勝利。シングルフィンで優勝、ツインフィンで準優勝のロブが総合ポイントではトップですが、タジが追い上げてくる形となっています。

「昨日(シングルフィン部門)の結果はショックだったけど、今日は信じられないくらい波が良くてエキサイトしたよ。ロス(ウィリアムス)とのヒートがシーソーバトルでヤバかったね。そして、最後にロブとのヒート。もうクタクタだよ」と、タジはコメントを残しています。

残りはスラスター部門のみ。スラスターは、現役引退から1年ほどしか経っていないタジが圧倒的に有利ですが、どのような結果となるのか楽しみですね。

----------

公式サイト「Four Seasons Maldives Surfing Champions Trophy

2017年チャンピオンズトロフィー@モルディブ関連の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事