Dakineの「ジョンジョン・フローレンス」モデル!デッキパッドとリーシュがリリース

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

ワールドチャンピオン、エディイベントチャンピオン、トリプルクラウン制覇と、2016年は数々の称号を手に入れたジョンジョン・フローレンス「John John Florence」(24歳)。

そんなジョンジョンは2016年シーズン終わり、サーフアクセサリーブランド「ダカイン(Dakine)」と再契約を発表。

今回の記事は、ダカインから「ジョンジョン・フローレンス」モデルとしてリリースされたデッキパッドとリーシュコードなどを紹介します。


スポンサーリンク



トッププロともなれば、道具のちょっとした違いさえも気になるということで、後ほど紹介する動画ではデッキパッドのキック部分を削るジョンジョンの様子が。

あくまでもプロモーション用なのですが、かつてのデーン・レイノルズを思い出してしまったのは私だけではないでしょう。

デーンの場合はサーフボードで、ちょっとボードが長いとテール部分をぶった切り、そのテール形状がチョップテール(chop:勢いよく切るという意味)と呼ばれるようになりましたね。

ジョンジョンのこだわりは道具自体だけに留まりません。ゴミを増やさないためにエコフレンドリーなパッケージという条件も付け、リサイクルの厚紙を利用し、プラスティックは利用していないとのこと。

「プラスティック未使用のパッケージに加え、僕のお気に入りのデッキパッド!ダカインファミリーに戻ってこれて、最高にハッピーだよ」と、ジョンジョンはコメントを残しています。

サーフィン界ではトップレベルの人気を誇るジョンジョンであり、万人受けしそうな派手過ぎないベーシックなモデルであるのでチェックして見てはいかがでしょうか。

———-

ジョンジョン・フローレンスの過去記事

2017年マーギーズプロでジョンジョンの大活躍を支えたパイゼルサーフボード
マーガレットリバーでは他を寄せ付けないほど圧倒的なターンで、終始ハイスコア続出の末にマーギーズプロを制覇したジョンジョン・フ...
ジョンジョンがあり得ない波にチャージする2017年マーギーズプロ前のセッション
インドネシアなどにビッグスウェルを届けるインド洋の低気圧にとって、終着点とも言えるオーストラリア。 そのオーストラリア...
ジョンジョン・フローレンスの今季コーチはWSLコメンテーターのロス・ウィリアムス
昨年2016年のワールドチャンピオンに輝いたハワイアンサーファーのジョンジョン・フローレンス「John John Flore...
ジョンジョンの「Twelve」第七弾:2016年コンテストシーズン最終地のハワイ
今シーズンはワールドタイトルを狙うと初めて公言した2016年のジョンジョン・フローレンス「John John Florenc...
ジョンジョン・フローレンスがコナウィンドが吹くバックドアで特大アーリーウープ
パイプマスターズがレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)となっていた12月17日(土曜)。理由としては、パイプラインではコナウ...