• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

元CTサーファーであり、現在はコンスタントにQSランク30位前後に位置するトップコンペティターのパトリック・グダスカス「Patrick Gudauskas」(31歳)。

そのパトリックは6月中旬、二つのQSイベントに出場するために南アフリカへと飛びました。

今回の動画は、パトリック・グダスカスによる南アフリカを飛び回るトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク



3週間のトリップ予定で南アフリカを訪れたパトリック。その間の予定は、南アフリカオープンとバリトプロという南アフリカで開催される2つのQSイベント出場以外は空白のスウェル任せ。

まずは当初の予定であった南アフリカオープンが終了すると、タイミング良くビッグスウェルが南大西洋に発生したので、Jベイまで飛び、2日間のセッションを楽しむことに。

続いては、南アフリカの隣国であるナミビアへと飛び、レフトのスーパーロングバレルがブレイクするスケルトンベイを堪能。

ナミビアを楽しんだ後はダーバンへと向かい、NGO団体「Surfers Not Street Children」と共に一日を過ごしたりと、移動続きの慌ただしいトラベル生活を送ったパトリック。

トリップ中の生活は予測不能。自分でコントロールできることなんてほとんどないから、流れに身を任せるんだ。常に柔軟に対応して、一瞬一瞬を楽しむだけだね。

年間の大半はトラベル生活を送り、スウェルのタイミングに合わせて予定を決めるパトリックならではのメンタリティを示したコメントですね。

----------

参照記事:「EDGE OF AFRICA

パトリック・グダスカスの過去記事

チャネルアイランズ新モデル「Fever」を持ってパトリック・グダスカスがカリブ海へ
2017-04-03 07:48
サーフィン界において、3兄弟揃ってプロサーファーという稀有な存在であるグダスカス兄弟のパトリック・グダスカス「Patrick Gudauskas」(31歳)。 元WCTサーファーの...

WQSサーファーがメインというレアなJベイ(南アフリカ)セッション@2016年
2016-08-12 07:01
サーファーが思い思いのラインを描くことになる広大なオープンフェイスで知られる南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)。ご存知の通り、ワールドツアーイベントの会場の一つです。 2016...

デーン・レイノルズ リンコン
デーン・レイノルズ&グダスカス兄弟のCIライダーによるサーフ動画@リンコン
2016-01-15 05:54
カリフォルニア州のベンチュラ郡とサンタバーバラ郡の郡境に位置するポイントブレイクのリンコン。「Queen of the Coast」としても知られるリンコンは、ロングライド可能なラ...
サーフトリップの関連記事
  • タヒチ オーウェン・ライト タイラー・ライト ルーク・ハインド
    炸裂チョープーなどリップカールチームの南太平洋トリップ@2015
  • モルディブの南マーレに浮かぶ楽園「カンドゥーマ・リゾート」
  • インドネシアのボルコムライダーによる9日間のスンバワ島ロードトリップ
  • アルビー・レイヤーがローカルに脅される!?マウイボーイズのニュージーランドトリップ
  • サーファーガールはアクティブに!ビキニブランド「Kaloea」のメンタワイトリップ動画
  • 微笑みの国「タイ」へのサーフトリップ+ボランティア:チャプター1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事