Photo: CRAIG KOLESKY

Jベイ(ジェフリーズベイ)と言えばこの人といった存在である南アフリカ出身のジョーディ・スミス「Jordy Smith」(29歳)。

身長190センチ(6'3")から繰り出すオープンフェイスでのレールサーフィンは、パワフルでありながらアートそのものですからね。

今回の動画は、Jベイと深い繋がりを持つジョーディ・スミスの南アフリカ滞在時に10日間密着した映像をお届けします。


スポンサーリンク


10代になる前からJベイに通っていたジョーディ。父親のグラハム・スミスによると「金曜日に学校が終わったらJベイに車で向かって、土曜と日曜はフルにサーフィンした後に帰る生活だった」とのこと。

何気ないコメントに聞こえますが、ジョーディが暮らしていたのはダーバン。ダーバンからJベイまでの距離をチェックすると1,000キロあります…。子供思いな父親ですね。

こういった背景があることから、ジョーディにとってJベイは誰よりも思い入れのあるワールドツアーイベント会場。

しかも、ジョーディがCTイベント初優勝を飾ったのもJベイであり、2010年と2011年に二年連続で優勝を果たしています。

そんなジョーディの今年のJベイオープンの結果は5位。しかし、ラウンド3ではパーフェクト10×2をスコアするパーフェクトヒートを演じたりと、記憶に残るサーフィンを見せてくれました。

今回の動画では、Jベイオープンでの様子からケープタウンを訪れた際までの映像が収録されています。

ジョーディ・スミスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事