via vimeo

オアフ島ノースショア出身で注目の若手サーファーであるノア・ベッシェン「Noah Beshen」(16歳)。

父親はご存知のシェーン・ベッシェン。シェーンは、1996年にはケリー・スレーターとタイトルレースを演じたり(ケリーがタイトル獲得)、過去のトップ3ウェイブカウント時代に初にして唯一のパーフェクト30をマークしたサーファーですね。

今回の動画は、2017年におけるノア・ベッシェンのこれまでのフリーサーフィンをまとめた映像をお届けします。


スポンサーリンク


今年の頭には、ハーレーからルーカに移籍したノア。ハーレーはノアに加え、イーライ・ハンネマンブロンソン・メイディなどといった金の卵と言える若手を抱えていたので、移籍は意外な感じがしました。

ルーカ移籍ということで、個人的にはノアが早くもフリーサーファーの方向に向かうのかと思ったのですが、今年はジュニアイベントやQSイベントには結構出場していますね。

さて、そんなノアのフリーサーフィンですが、イメージとしては同じ若手ハワイアンのセス・モニーツに似たようなオールラウンドな印象を受けます。

ただ、ハワイアンということで体の線が細かろうと、パイプラインなどのビッグバレルにはチャージしていくのでしょうが。

今後が楽しみな存在のノアのサーフィンをチェックして見て下さい。

ノア・ベッシェンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事