Photo: THEO LEWITT

地元ハンティントンビーチで開催されたUSオープン優勝により、名実共にローカルスターとなった五十嵐カノア(19歳)。

まだ若手サーファーではあるものの、コンテスト界における輝かしい実績を見れば、サーフィン関連の思い出の品は数々あるはず。

今回の動画は、五十嵐カノアのガレージへとスポンサーであるレッドブルが潜入ツアーした映像をお届けします。


スポンサーリンク


数か月前に引っ越したと言うカノア。「一般の人なら、数か月もあれば引っ越し期間として十分だけど、僕の場合はホームにいたのは3日くらいだからね」と、慌ただしい引っ越しだったそうです。

プロサーファーにとって最も大切なサーフグッズの一つが、仕事道具でもあるサーフボード。

現在所有している中で今でも鳥肌が立つほどのマジックボード、最近ピックアップしたばかりのニューボード、生まれて初めて手に入れたボードなどを紹介。

サーフグッズ以外では、トニー・アルヴァからのプレゼントや6歳の頃にフィーチャーされた日本の新聞記事など。

サーフグッドに戻ると、コンテストジャージが大好きと話すカノア。海水の香りがするジャージや表彰台に上った時に浴びたシャンパンの香りがするジャージなど、当時の思い出がフラッシュバックするのでしょうね。

コンテストジャージの背番号の由来にも触れていて、以前にもお伝えしておりますが、「五十嵐」という苗字を英語にすると「50-year Storm」となるため。

最後はコンテストで手に入れたトロフィー。一つ目のトロフィーは、ワールドツアーを決めることになったブラジルでのQSイベント優勝時のもの。

もう一つは、昨年初めて出場となったCT最終イベントであるパイプマスターズで準優勝した時のトロフィー。

偉業を成し遂げ続けているからこそ、思い出の品が増え続けているカノアのガレージ。非常に濃い人生を生きている様子から、こっちも頑張ろうと奮起させられてしまいますね。

五十嵐カノアの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事