昨年2016年のファイナリスト Photo: WSL / LAURENT MASUREL

ポルトガルのカスカイスを舞台に9月27日~10月5日にウェイティングピリオドが設定されているウイメンズCT第8戦「カスカイス・ウイメンズ・プロ(Cascais Women's Pro)」。

タイトルレースに大きな影響を与える同イベントも、開催間近となってきましたね。

今回の記事は、ウイメンズCT第8戦「カスカイス・ウイメンズ・プロ(Cascais Women's Pro)」の出場サーファーや波情報といったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


出場サーファー

ヒート表を見る限り、今回欠場するCTサーファーはローラ・エネヴァー。欠場理由については公式発表されてなく、リプレイスメント出場はビアンカ・ビュイテンダグ。

ウイメンズでは1枠あるワイルドカードは、5年連続でテレサ・ボンヴァロト。五十嵐カノアのガールフレンドですね。

ヒート表は以下の通りとなっています。

波予報

スウェルに恵まれる予報となっている今年のカスカイスプロ。ウェイティングピリオド初日の27日(水曜)はスロースタートとなるものの、同日午後から徐々にサイズアップ。

28日はフェイスで4~6フィートで頭からオーバーヘッドほど、29日は少しサイズを落として3~5フィートの予報。その後もさらにスウェルが押し寄せる予報ですが、後半戦は風向き次第となりそうです。

現時点の波予報を見る限り、28日(木曜)からイベントがスタートすると見られます。

まとめ

日本とポルトガルの現在の時差は8時間で、日本の方が8時間進んでいます。現地時間の午前8時にイベントスタートの場合、日本時間では午後4時となります。

---------

イベント公式サイト「Cascais Women's Pro

昨年2016年カスカイスプロの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事