ポルトガル人サーファーのみを対象にした2017年ビッグウェイブアワード

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーフィンにおけるエクストリームという部分を前面に出しているビッグウェイブサーフィン。

そんなビッグウェイブサーフィンにおいて、世界中で最もサイズのある波がブレイクすると言われているのがナザレを有するポルトガル。

今回の動画は、ポルトガル人サーファーを対象としたビッグウェイブアワードが行われたので、受賞作の映像をお届けします。


スポンサーリンク



ビッグウェイブサーフシーンにおいて、最大の祭典と言えるのは北半球のウインターシーズンを終えた後に南カリフォルニアで開催されるWSLビッグウェイブアワード

同イベントは世界中のビッグウェイブサーファーが対象となるので、世界最大規模のビッグウェイブイベントと言えます。

国単位でも似たようなイベントはあり、オーストラリアでもビッグウェイブアワードがあると以前にお届けしましたね。

2015/2016年シーズン豪ビッグウェイブアワードの受賞者発表
アクション系のリーフブレイク、ポイントブレイク、ビーチブレイクから、ビッグウェイブスポットやスラブスポットと、サーフィン大国に相応し...

そして今回はポルトガル版のビッグウェイブアワード。イベント名は「EDP Mar Sem Fim(英語:Endless Sea)」アワードとのこと。

「EDP Mar Sem Fim」とは、ポルトガル海域の未開のスポット開拓のサポートをしたり、ポルトガルのビッグウェイブサーファーを支援するビッグウェイブサーフィンプログラムと言います。

ナザレでのビッグウェイブサーフィンに関しては、世界的に広めるきっかけとなったギャレット・マクナマラがメルセデスベンツとパートナーシップを組んだりと注目を集めているので、ビッグウェイブサーフィンへの理解が進んでいるようですね。

今年2017年の同アワードの部門は4つあり、動画での登場順に「ワイプアウト」、「チューブ」、「トウイン」、「パドルイン」となっています。

ビッグウェイブサーフィンはまだまだマイナーではありますが、見た目的なインパクトからサーファー以外の方でも見ていて楽しめるので、世界的な広がりと共に注目度が高まる可能性は十分にあるのではないでしょうか。

・各部門の受賞者リスト

Paddle In Wave of the Year: Alex Botelho
Tow-In Wave of the Year: João Guedes
Tube Ride of the Year: João de Macedo
Wipeout of the Year: Nic Von Rupp

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)