セイジ・エリクソン Photo: WSL / DAMIEN POULLENOT

現地時間9月29日(ポルトガル)、ポルトガルのカスカイスを舞台にしたウイメンズCT第8戦「カスカイス・ウイメンズ・プロ(Cascais Women’s Pro)」が開催。

三日間連続で開催となった本日は、ラウンド4のみが終了となりクオーターファイナリストが決定しました。

今回の記事は、カスカイスプロ三日目となった本日のイベントレポート、今後の波予報、動画などをお届けします。


スポンサーリンク


イベントレポート

敗者復活戦のラウンド4のみ開催された本日。大注目のヒートは、コートニー・コンローグとセイジ・エリクソンのヒートでした。

コートニーにとってワールドタイトルを狙う上で絶対に負けられないヒートではあるものの、今季は一皮抜けた活躍を見せているセイジが対戦相手。

そしてセイジが今季の勢いを証明するかのよう、コートニーを破る波乱を起こすことに。同じカリフォルニア出身同士の二人ということで、セイジは勝利者インタビューで以下のコメントを残しています。

「コートニーのことは大好きだし、いつかワールドタイトルを取って欲しいって思ってる。でもね、私も負けるわけにはいかないし、(ランキング)トップ4に勝つとすごい嬉しいの」。

「セイジ・エリクソン」vs「コートニー・コンローグ」のヒートダイジェスト動画

コートニーの敗退により、現CTランクトップ3で勝ち残っているのはランキングトップのサリー・フィッツギボンズのみ。サリーは残りラウンドで勝てば勝つほどリードを広がることになります。

今回ファイナリスト入りを果たせば、ツアー最終地のハワイを前にワールドタイトル確定という可能性もあり得るのではないでしょうか。今イベントのサリーに注目ですね。

ハイライト動画(0:25~0:55以外は同時開催中のメンズQSイベントの映像)

本日のヒート結果

今後のヒート表

波予報

これまでお伝えしていた通り、30日(土曜)からはサイズはあるものの北寄りの強風が吹き荒れる見込み。

コンディションが改善されるのは10月3日(火曜)。おそらく次なる開催は3日になり、3日がイベント最終日になるかもしれません。

まとめ

日本とポルトガルの現在の時差は8時間で、日本の方が8時間進んでいます。現地時間の午前7時45分にイベントスタートの場合、日本時間では午後3時45分となります。

---------

イベント公式サイト「Cascais Women's Pro

2017年カスカイスプロの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事