サメと波の取り合い!?西オーストラリアでボディボーダーがサメと接触寸前

シェア(記事を気に入ればお願いします)

シャークアタックの話題が尽きることのないオーストラリアの西オーストラリア州。

そんな西オーストラリアにて先週、10代のボディボーダーがサメと急接近し、その様子を友達が撮影していました。

今回の記事は、西オーストラリアで危機一髪となったボディーボーダーによる映像をお届けします。


スポンサーリンク



撮影が行われた場所は、CTイベントが開催されるマーガレットリバーから少し南に位置するプレヴェリー。

友達にライディングシーンを撮影してもらっている時に、マット・マーシャルはサメとは気付かずに急接近していたとのこと。

「波に乗る時、水しぶきだけが見えたんだ。イルカだと思ってたけど、後で映像を見ている時にサメって気付いたよ」。

当然、急接近した時はサメだと気付いていなかったので、マットはこの後でもう一本波に乗り、それから上がったそうです。

撮影していた友達のコディによると「波に乗れてラッキーだったよ。じゃなきゃ、脚を失っていた可能性だってあるんだから」とのこと。

実は同日、プレヴェリーからさほど離れていないノースポイント(CTイベントのバックアップ会場)ではホホジロザメが出没。

ホホジロザメは海面から飛び出すと、若い女性サーファーに体当たりして、そのサーファーのサーフボードを破壊。そのサーフボードの写真も動画には含まれています。

今回のように映像として収められることはレアなので、実際にはサメとサーファーにまつわるストーリーは数えきれないほどあるのでしょう。

襲われる可能性は限りなく低いとは言え、やっぱり怖いですね…。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)