ミュンヘン(ドイツ)を訪れたミック・ファニング!リバーサーフィンを体験

シェア(記事を気に入ればお願いします)

クイックシルバープロ@フランス出場のためにヨーロッパ入りした3×ワールドチャンピオンのミック・ファニング「Mick Fanning」(36歳)。

なのですが、仕事の前にちょっとした遊びとばかりにドイツのミュンヘンへと足を伸ばすことに。

今回の動画は、ミック・ファニングがドイツでリバーサーフィンを行う映像をお届けします。


スポンサーリンク



リバーサーフィンの定番の地と言えるドイツのミュンヘンに位置するアイスバッハ川。数々の動画が公開されているので、知らないサーファーの方が少ないのではないでしょうか。

そんなアイスバッハ川でリバーサーフィンにチャレンジすることになったミック・ファニング。ミッチ・クルーズにジャック・フリーストーンと、ゴールドコーストの後輩も従えてますね。

リバーサーフィンということで、シリアスではなく仲間たちと楽しむだけの和やかなセッション。そこで、ミックが使用しているのはMF(ミック・ファニングの頭文字)ソフトボード。

MFソフトボードとは、ミックのシグネチャーソフトボード。ミックがオージービッグウェイブサーファーのマーク・マシューズが怪我をしたのでお見舞いでマークの自宅を訪れた際、目に付いたソフトボードが物語のスタート。

気になったそのソフトボードを実際に乗ってみるとさらに気に入り、シグネチャーモデルの誕生に繋がったそうです。ミックレベルになると、話の流れがとてつもなく早いですね(笑)。

ドイツでのリバーサフィン過去記事

プロサーファーならリバーサーフィンも簡単!?ドイツのトップサーファーが初挑戦
ドイツのサーフシーンとして世界的に有名となっているアイスバッハ川でのリバーサーフィン。 海で発生する波とは異なり、フローライダ...
アイスバッハ川(ドイツ)のリバーサーフィンでお医者さんがキックフリップをメイク
海のないドイツのミュンヘン。そんな環境にありながら、ウエットスーツ姿でサーフボードを脇に抱えたサーファーの姿を目にすることがあります...
ドイツのリバーサーフィンをアピールするCM!?
海のないドイツのミュンヘン。その代わりとなっているのが、アイスバッハ川でのリバーサーフィンとなります。今回の動画は、リバーサーフィンが生活の...
ミュンヘンには海がないのにウエット姿でボードを持ち歩くサーファー
ドイツのミュンヘンで、海がないにも関わらずウエットスーツ姿でサーフボードを持ち歩くサーファーを見て、驚く観光客もいるかと思います。彼らが何を...