10フィートオーバーのニアス(インドネシア)!マット・ブロムリーの「Risky Ripples」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

ビッグバレルを求めて世界中を飛び回るビッグウェイブサーファーのマット・ブロムリー「Matt Bromley」(26歳)。

そんなマットをフィーチャーしたシリーズ動画「Risky Ripples」の第二弾が公開されました。

今回の動画は、マット・ブロムリーのサーフトリップをフィーチャーした「Risky Ripples」第二弾となるニアス編をお届けします。


スポンサーリンク



インドネシアにおいて今年最大のスウェルが入る予報をチェックしたマット。迷わず向かった先はニアスでした。

動画前半で狙いを定めたのは、2004年クリスマス翌日に発生したスマトラ島沖地震により、リーフが隆起したことで生まれたサーフスポット。

ローカル2名と小さなフィッシングボートで訪れた先で目にした光景は、誰もサーファーが入っていないラインナップでブレイクする12フィートのヒュージバレル。

「Big tunnel out there bru」と口にするマットの口調からは、穏やかながらストークしている様子が伝わってきます。また、「bru」という言葉選びから南アフリカ出身であることが分かりますね。

南アフリカでよく使われる「Bru」の意味とは!?ツアーノート@2017年Jベイ
現在、南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)でCTイベント開催ということで、ワールドツアーのバックステージを紹介する「ツアー...

動画後半では、ニアスと言ったらここ!といった感じでお馴染みのメインスポットが舞台。こちらも炸裂していて、10フィートのダブルアップがブレイク。

ニアスのメインスポットはバレルがブレイクするスポットとしては水深があると言われていますが、ここまでの波になるとホレ上がり過ぎるために水深がなくなり、サバイバルセッションだったそうです…。

———-

参照記事:「Matt Bromley Meets Bombing Mysto Bombie at Nias

「Risky Ripples」の過去記事

マット・ブロムリーがスラブの宝庫であるサウスコースト(オーストラリア)へ
プロジュニア時代にビッグバレルに魅了され、若くしてビッグウェイブサーファーの道を選んだマット・ブロムリー「Matt Brom...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)