• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

via vimeo

ビッグバレルを求めて世界中を飛び回るビッグウェイブサーファーのマット・ブロムリー「Matt Bromley」(26歳)。

そんなマットをフィーチャーしたシリーズ動画「Risky Ripples」の第二弾が公開されました。

今回の動画は、マット・ブロムリーのサーフトリップをフィーチャーした「Risky Ripples」第二弾となるニアス編をお届けします。


スポンサーリンク



インドネシアにおいて今年最大のスウェルが入る予報をチェックしたマット。迷わず向かった先はニアスでした。

動画前半で狙いを定めたのは、2004年クリスマス翌日に発生したスマトラ島沖地震により、リーフが隆起したことで生まれたサーフスポット。

ローカル2名と小さなフィッシングボートで訪れた先で目にした光景は、誰もサーファーが入っていないラインナップでブレイクする12フィートのヒュージバレル。

「Big tunnel out there bru」と口にするマットの口調からは、穏やかながらストークしている様子が伝わってきます。また、「bru」という言葉選びから南アフリカ出身であることが分かりますね。

南アフリカでよく使われる「Bru」の意味とは!?ツアーノート@2017年Jベイ
2017-07-20 17:07
現在、南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)でCTイベント開催ということで、ワールドツアーのバックステージを紹介する「ツアーノート」が公開されました。 テーマとなっているのは、南ア...

動画後半では、ニアスと言ったらここ!といった感じでお馴染みのメインスポットが舞台。こちらも炸裂していて、10フィートのダブルアップがブレイク。

ニアスのメインスポットはバレルがブレイクするスポットとしては水深があると言われていますが、ここまでの波になるとホレ上がり過ぎるために水深がなくなり、サバイバルセッションだったそうです…。

----------

参照記事:「Matt Bromley Meets Bombing Mysto Bombie at Nias

「Risky Ripples」の過去記事

マット・ブロムリーがスラブの宝庫であるサウスコースト(オーストラリア)へ
2017-09-05 06:30
プロジュニア時代にビッグバレルに魅了され、若くしてビッグウェイブサーファーの道を選んだマット・ブロムリー「Matt Bromley」(25歳)。 そんなマットをフィーチャーした3エ...
サーフトリップの関連記事
  • イギリスのトップウイメンズサーファーが行くモルディブ:ハンナ・ハーディング
  • 雑誌「プレイボーイ」のプレイメイトが行くメンタワイトリップ
  • 夢の生活を実現したサーファーガールのトリップ映像:ケイティ・グリフィン
  • インドネシアで理想のサーフスポット巡り:キロン・ジャボール
  • キャンプしながら砂漠エリアをロードトリップ!リップカールのサーチシリーズ
  • 極寒ノルウェーから常夏のインドネシアをアッシャー&ボーがサーフトリップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事