ウェイクサーフィンにおけるパフォーマンスの限界は!?イベント開催で検証

シェア(記事を気に入ればお願いします)

運航しているボート後方で発生する引き波を利用してサーフィンするウェイクサーフィン。

これまでにもプロサーファーによる遊びといった感じのウェイクサーフィンの動画は数々ありましたね。

今回の動画は、プロサーファーが真剣にウェイクサーフィンに取り組むイベント「The Wake Surf Challenge」の映像をお届けします。


スポンサーリンク



サーファー誌による今回の企画。プロが賞金をかけて本気でウェイクサーフィンしたら、どれほどのパフォーマンスを見ることができるのか検証といった内容です。

招待されたサーファーは4名で、セバスチャン”シーバス”ジーツ、エリック・ガイゼルマン、ノア・ウェグリッチ、ジェット・シリング。

今回の企画はウェイクサーフィンでのパフォーマンスの限界をチェックするため、しっかりと練習をしてコツを掴んでからイベントはスタート。

各サーファーは4本の引き波に乗り、一発のベストマニューバを決めたサーファーが優勝という単純明快なジャッジ基準。

優勝者には3千ドルのチェックが送られるとあり、各サーファーは遊びでなく真剣に取り組むことになるという流れ。

誰が優勝することになるのか、動画からチェックして見て下さい。

———-

参照記事:「THE WAKE-SURF CHALLENGE