• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

Photo: Silve/Red Bull

現時点においてサーフ可能で世界最大級の波がブレイクするサーフスポットであるポルトガルのナザレ。

そんなナザレのビッグウェイブで、まさか二人のサーファーが同じ波に乗ってパーティーウェイブを楽しむことになるとは。

今回の動画は、ブラジリアンビッグウェイブサーファーの二人がナザレでパーティーウェイブを楽しむ映像をお届けします。


スポンサーリンク



北半球がウインターシーズンになったということで、10月21日、オープニングウェイブが入ったナザレ。

ナザレにビッグスウェルが入るとジェットスキーに牽引してもらって波に乗るトウインサーフのみとなるので極めて危険なコンディション。

そんなコンディションの中、まさか二人のサーファーが同じ波に乗るパーティーウェイブを楽しむことに。

そのサーファーとは、カルロス・ブールとロドリゴ・コシャの二人。ただ、二人はジェットスキーを運転するトウインパートナーに導かれて波に乗るので、後から波に乗ったロドリゴのドライバーによる作戦だったのかもしれません。

ロドリゴによる感想は以下の通り。

ほんとクレイジーだった。特にカルロスと一緒に乗った波はヤバかったね。当初、カルロスはライトに行ったと思ってたから、チェックもしないでレフトに行ったんだ。

そしたら波はクローズアウトになりそうなくらいロングウォールが続いて、ナザレでの過去最長ウェイブだった。そしてボトムに降りたら、カルロスが「ゴー、コシャ!」って叫びながら追い抜いて行ったんだ。

そこからは、僕も「ゴー、カルロス!」って叫んで、お互いに歓声を上げ続けながらのパーティーウェイブになったよ。

波のサイズはフェイスで60フィートほどということで、パーティーウェイブとしては世界最大でしょう。ヤバすぎです…。

ビッグウェイブの関連記事
  • ビッグウェイブ界若手注目のタイラー・ラロンドによる2015/2016シーズンのハイライト動画
  • X-ミッションの撮影でハリウッドがチョープー(タヒチ)を貸し切ったサーフィン史に残る2014年9月
  • ビラボン・プロ・タヒチ初日にブレイクしていた名も無きライトハンダー:ライアン・ヒップウッド
  • ヨーロッパトップクラスのビッグウェイブサーファーのサンチョが攻めるトドス・サントス
  • 生死を賭けたビッグウェイブの大きな代償
  • ザ・ライトのビッグバレルが牙を剝いた2017年シーズンのベストデイ動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事