WSL副コミッショナーがポルトガルメディアに公言!2019年はワールドツアーが大変革

シェア(記事を気に入ればお願いします)

WSL / DAMIEN POULLENOT

来年から大変革が起きると噂されていたWSL(ワールドサーフリーグ)によるワールドツアー。

その噂が噂ではなく、来年ではなく再来年の2019年から現実のものになるそうで、ついにWSL関係者がメディアに対して口を開きました。

今回の記事は、2019年からのワールドツアーの変更点などに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク



すでに海外メディアにてワールドツアー大変革については噂されていたので、ついにといった感じもする今回のニュース。ただし、予定よりも1年先延ばしとなる2019年の話です。

今回の情報を公表したのは、WSL副コミッショナーを務めるレナート・ヒッケル。ポルトガルのスポーツメディア「O JOGO」のインタビューに答えた形となります。

レナートがもたらした情報は以下の通り。

・2018年は微妙な日程変更はあったとしても大筋は従来と変わりなし。

・2019年のワールドツアーは2月のハワイに始まり9月のタヒチで終わり。

・ツアー終了後はメンズのトップ5または6、ウイメンズのトップ3または4がおそらくインドネシアでプレーオフ。

・ワールドツアーが完全に終了後、その年の残りの月はQSツアーシーズンとなるものの、年の前半もQSイベントは開催予定。

噂通りとなった感じの内容であり、WSLサイドの関係者がメディアに対して公言したので間違いない事実ですね。

ワールドツアーイベント数がどうなるのかや、ワールドツアーサーファー数は現状維持なのかなど、気になる点は多々あるのですが、これから詰めていくのでしょう。

ちなみに、ツアーが9月終了ならばヨーロピアンレグがなくなると思いきや、2月に移動して開催される可能性もあるのだとか。これはこれで面白そうですね。

逆に、チョープー(タヒチ)を9月、チョープー後にインドネシアというのはシーズン的に微妙な感じがするのですが、とにもかくにも2019年の予定の大枠なので、まだまだこれからといった感じがします。

何はともあれ、大変革が起きるのはもう間違いないので、ファンとして見ていてエキサイトな展開となるのかどうかに注目ですね。

———-

参照記事:「O JOGO antecipa mudanças no surf e é citado a nível internacional

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)