ケリー・スレーターも賛同!金銭問題で埋もれさせるには惜しいローリー・タウナーの才能

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

主にコンテストシーンで活躍する一握りのトップサーファー以外、金銭面で苦労するサーファーが多いサーフシーン。

そのため、才能はありながらも金銭的事情からサーフィンに専念できず、埋もれていくサーファーも少なくありません。

今回の記事は、埋もれさせるにはもったいないとスタブ誌がサーフシーンを巻き込むべくローリー・タウナー「Laurie Towner」(30歳)をピックアップしたニュースをお届けします。


スポンサーリンク



11歳の時に大手サーフブランドのビラボンがスポンサーに付いたローリー。未来明るいキッズサーファーであったローリーは、ジュニアシリーズでトップ5入りしたり周囲の期待に応える活躍を見せました。

コンテストシーンで活躍していたものの、ローリーの才能はビッグウェイブサーフィンにおいて突出していたので、ビラボンのプッシュもあって10代後半からビッグウェイブサーファーの道へと進むことに。

ビッグウェイブサーファーとしても当然のように活躍したローリーでしたが、雑誌のカバーを複数回飾ったりと順調であった2014年、特に説明もないままビラボンからスポンサー契約を打ち切られることになりました。

このニュースを聞いた当時、小波からビッグウェイブまで万能なローリーほどのサーファーならば、すぐにでも新しいメインスポンサーが付くと思いましたが、現在もメインスポンサー不在の状況が続いています。

メインスポンサー不在ということは、一切の金銭を得ることができません。当時のローリーの状況はと言うと、パートナーが妊娠し、好調なキャリアを築いていたので住宅ローンもあったとのこと。

つまり、家族を養ったり住宅ローン返済のためには現金収入が欠かせなかったので、大工仕事を始めることに。ただ、大工仕事はどうしても馴染めず、ここ1年弱はタイル工として修業中とのこと。

こんな状況であれば、当然サーフィンに専念することはできないので、ローリーの才能を埋もれさせるのはもったいないと思ったスタブ誌が、メインスポンサー探しとしてローリーをフィーチャーした記事を公開したのです。

すると、数々のプロサーファーがスタブ誌に賛同することに。特に注目を集めたのは、アルビー・レイヤーによるSNS投稿。

Go watch @laurietowner edit by @calebgrahamfilms called "keeping on". Laurie has been one of if not my favorite surfers since footage first started showing up of him. He rode scary waves better than almost anyone and could get A clips in any conditions. In the peak of all this got dropped out of no where (by @billabong, I know the struggle) and hasn't been getting paid since. Another victim of the surf industry putting all its money into paying very young kids hoping to find the next John John. It's a hard thing, when we were growing up no one got signed big deals until their twenties now a days if you hit twenty without a big sponsor seems like your careers over. I'm very lucky and greatful to of found a way to make a living in this "awkward generation" but it could be gone any second just like Laurie's. So please support whatever free surf projects or big wave edits you see out there. We are a dying genre in surfing and if the whole surfing world is just contest and we get robbed of watching footage of the next Laurie we will all regret it. The diversity within surfing is what makes it so beautiful.

Albee Layerさん(@live.fast.die.old)がシェアした投稿 –

次期ジョンジョン探しに没頭し、若いサーファーにばかり投資するサーフ業界の犠牲になったサーファーの一人がローリー。

オレたちの世代は20代になるまで大金が絡む契約なんてしてもらえなかったのに、今じゃ20歳になるまでにビッグスポンサーとの契約がなければ、サーフキャリアは終わりに等しい時代。

コンテストシーンばかりが脚光を浴びて、フリーサーファーが生きていけなくなれば終わりじゃないかな。サーフィンの良さって多様性にあって、多様性によって輝きが増しているんだから。

このアルビーの投稿には多くのプロサーファーが賛同し、ケリー・スレーターまでコメントを残しています。ケリーのコメントは以下の通り。

アウターノウン(ケリーのアパレルブランド)として、すぐにでもしっかりローリーのスポンサーになれる手段があれば良いんだけどね。だって、ローリーのサーフィンはヤバいし!

ローリーと言えば、ハリウッド映画「X-ミッション」にて主人公であるジョニー・ユタのスタント役をこなしたりと、決して業界での知名度が低いわけではないので、ここまでサーファーとして苦しんでいたとは意外でした。

アウターノウンがローリーのメインスポンサーとなれば、それはそれで面白いですね。さすがケリー、頼もしい存在です。

何はともあれ、どのような結果になるのかは分かりませんが、これほどのムーブメントが起きればメインスポンサーが付くのは時間の問題かと思います。

サーフィンは個性の多様化も魅力の一つなので、ビッグネームにビッグマネーが動くだけでなく、少額づつでもプロサーファーをサポートしてくれるムーブメントが生まれればと願っています。

———-

参照記事:「Everybody Is Backing the Laurie Towner Sponsorship Movement

ローリー・タウナーの過去記事

チョープーでバレルメイク不可能と瞬時に判断したローリー・タウナーの華麗なエスケープ
10代の頃にタスマニアのシップスターン・ブラフにチャージした事で当時は大きな話題となったオーストラリア出身ビッグウェイブサーファーの...
メインスポンサーを失ったローリー・タウナーの実力とは!?
18歳の時にコンテストの世界を離れ、ビッグウェイブサーファーとしてのキャリアを選んだオーストラリア出身のローリー・タウナー(26歳)。 ...
ハリウッド映画「ポイントブレイク」のサーフスタント撮影中に発生した事故
1991年に製作され、サーフィンをテーマにしたハリウッド作品としては不朽の名作であり、幅広い客層から人気を集めた映画「ハートブルー(原題:P...
ポイントブレイク2のスタント撮影時に炸裂したチョープー
これまでにも、ヘビーなバレル映像を紹介しているアレックス&コアのスミス兄弟によるブログサイト「Lastnamefirst.tv」。今回もまた...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)