将来のマウイ島サーフシーンを担う13歳のジャクソン・バンチ!フリーサーフィン動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

ビッグウェイブスポットのジョーズ(現地名:ピアヒ)、ウイメンズCTイベント会場のホノルアベイなどといったワールドクラスなサーフスポットを有するハワイのマウイ島。

島という事で、エアリアルサーファーは風向きに合わせて練習中のトリックに有利なサーフスポットを選べたりと、サーファーにとっては抜群な環境と言えます。

今回の動画は、マウイ島で育っているグロムサーファーであるジャクソン・バンチ「Jackson Bunch」(13歳)によるマウイ島とインドネシアでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



アルビー・レイヤーマット・メオラによるフリーサーフシーンにおける活躍により、大きな注目を浴びたといっても過言ではないマウイ島。

アルビーやマットが注目を浴びた余波として、二人と同世代のサーファーたちもさほど名前は知られていないものの、とんでもないスキルを持つサーファー揃いだったということが明らかとなったことで、近年ではハワイにおけるサーフィンのホットスポットと言えます。

そんなマウイ島で育っているジャクソン。若干13歳ながら、すでにとてつもないスキルを身に付けています。

マウイ島出身スーパーグロムと言えば、忘れてはいけないのがハーレーライダーのイーライ・ハンネマン

マウイ島にはジャクソンやイーライといった若手世代がしっかりと育っていて、近い将来、サーフシーンにおける新たな時代を彩る存在となるのでしょうね。

ちなみに、ジャクソンの夢はプロサーファーになること。ただし、基本的にはストークしたり、旅をして楽しみたいということなので、マウイ島の先輩と同じく、フリーサーファー色の強い目標ではないでしょうか。

ジャクソン・バンチの過去記事

マウイ島から世界を目指す11歳の若手サーファー:ジャクソン・バンチ
ワールドツアーサーファーならばダスティ・ペイン、フリーサーファーならばマット・メオラやアルビー・レイヤーといった多様なサーファーを輩出してい...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)